「REON!!Ⅱ」の琴ちゃんが最高ヽ(^o^)丿

昨日、Twitterを観た居たら柚希さん主演の「REON!!Ⅱ」の舞台の柚希さんと礼真琴さんのデュェットの動画がアップされていてびっくりしました(@_@)


最近星組は二手に分かれてお稽古中なので、真琴ちゃんのニュースが何も無くて~寂しい思いをしていたところだったので、この動画を観て急に「REON!!Ⅱ」が観たくなって~録画してあったDVDを観なおしました。

 

 

REON!!Ⅱ」には、沢山のお気に入り場面はあるけれど、その中で最もお気に入りのシーンが2か所あるのです。

 

それは柚希さんが女役で十輝いりすさんとデュェットする場面ですが、それだけではない!

 

もちろん、ちえちゃん・まさこさんのダンスは、ちえちゃんが妙に色気ムンムンで、男役が女を演じるとどうしてこんなに色気が出るのか不思議でなりませんが、誰もが認めるちえちゃんの素晴らしいダンスは一瞬の隙も無いほど美しいダンスで、唯ただ見とれてしまいますが、まさこさんが又男っぽくて~二人の息の合ったデュェットに目が釘付けでしたヽ(^o^)丿


二人のデュェットを素敵な声に乗せるのは礼真琴さんのFeeling good



バックの大階段で七色の声を操って唄っている人!それが琴ちゃんでした!

 

 

曲は良くコンサートで使われる♪Feeling good~というナンバーでしたが、この曲はほんとに難しい曲だと思います。


この曲をこんなに素的に高い声・低い声を思うがままに操って色っぽく唄う生徒さんを初めて観ました。~と言う訳で、ダンスも歌も最高に満足のシーンです!


又後半には柚希さんと礼真琴さんのデュェットがあり、真琴さんは尊敬するちえさんと踊るのが楽しくて嬉しくて~幸せで堪らない様で、しなやかで美しいデュェットを魅せてくれて~最高の笑顔で踊られて居て、ほんとに可愛いかったです!


小さい写真をクリックすると大きい写真が見れます。↓

Cimg3419  Cimg3420  Cimg3421  Cimg3423

Cimg3425  Cimg3426  Cimg3427  Cimg3428

Cimg3449_2 Cimg3456  Cimg3457  Cimg3458

Cimg3459 Cimg3460  Cimg3461  Cimg3462

Cimg3463  Cimg3464




 

「宝塚プルミェール」は花組「邪馬台国の風」トークでした。(写真をアップ)

WOWOW「宝塚プルミェール」を観ました…ナレーションは、今回も壮一帆さん。

 

今回のプルミェールは、花組「邪馬台国の風」について、明日海りおさん・芹香斗亜さん・柚香光さんのトークで色々聞きました。

 

タケヒコについて明日海りおさん…小さい頃に両親を亡くし、育ててくれたお師匠様も亡くしまして、これから自分の運命を切り開いてゆくぞと言う所にマナと出遭い、彼女が邪馬台の女王卑弥呼になってしまい、恋はどうなるのだというところで、すごく耐えるところもあり、平和のためにどうしたら良いかの葛藤があったり、仲間たちと出遭い、強敵とも出会い~色んな要素が詰め込まれて居るお役なので、その時々の嘘無く描けたらなって~幼い頃から武術の鍛錬に励むタケヒコは、師匠直伝棒術の使い手。

 

 

立ち廻りに付いて…新調以上ある棒を武器として使用していますが、最後はその棒を置いて刀で戦いに行くところがカッコいいと見えると良いと思います。

 

 

芹香斗亜さんにクコチヒコについて…打倒邪馬台国と言う事で、自分の個人の野望と言うよりかは、狗奴国の為に、王に忠実に使えて武力で世界を制してやろうと思って居る男で、やはり立ち廻りが見せ場となると思うんですが、そしてそこで自分より強いかも知れない棒術の使い手と。

 

 

みりおちゃん…私は力で何とかするのではなく、心で人と人とを繋いで行きたい。

 

壮さん…タケヒコと共に邪馬台国の平和の為戦うフリドリを柚香礼が演じています。

 

フリドリ役に付いて柚香さん…アジナ?(良く聞こえなくて)との絆を感じる事が多いので、その絆をより深めて行けたらな~と思いながらお芝居をしてる。生きる事=戦うだったり、生きる為に刀が必要だったり、生活をしていますが、そこでタケヒコと出会って

感化されたり~そういうものをもう少し膨らませて~立ち廻りも見せ場なのでしっかりとやられたいと思います。

 

みりおちゃんに駄目だよやられては~と言われ、柚香さんやられない!やります!

 

 

ヒミコ役の仙名彩世について明日海さんは…卑弥呼と言う役も特殊なので~だって神の声が聞こえるんだよ!

 

 

芹香さん「ユキ、聞こえそうです!普段からちょっと降りてるんじゃないかと言う時があるあるあると皆さん。

みりおちゃんは、もしかしたら役創りしないでやってるかもしれない( ◠‿◠ ) 作る作業も楽しくやって居ます。

 

熾烈な戦いを繰り返す邪馬台国と狗奴国、稽古場の様子は…どうと言う事は無いそうですが、

 

ききちゃん、稽古着の色が違うとか~狗奴国の人は黒い稽古着を着ている。狗奴兵の下級生も廊下で集まって楽しそうにしているとか。

 

 

みりおちゃん、邪馬台チームは黒目の服を着て行くと、おッ!何?狗奴国入りたいの?みたいな雰囲気になって居たそうです。



ショー「Sante乾杯を意味するそうで、パリを舞台にワインを飲んで見る夢の様なシーンで紡がれています。



中でもお勧めは?柚香さん…中詰めの明日海りおさんと仙名綾瀬さんのデュェットダンスがベラボーに大好きと。

 

芹香さんは…プロローグだそうで、その主題歌がさゆみさんにぴったり!と。

 

明日海さんのお勧めシーンは…黒燕尾だそうで、匠ひびきさんの「カクテル」と言う

公演で振りは少しリニューアルされてるそうですが、先輩やファンの方々の思いが詰まって居る黒燕尾だそうです。

 

デュェットダンスも初めてのちょい大人甘い雰囲気のナンバーだと思うので見て下さい。

 

 

 

明日海さんのご挨拶は、仙名さんがヒロインデビューされた事・お客様には、暖かい笑い声や拍手を頂くことが出来~歓びと安どの気持ちで胸がいっぱいいっぱいです!と、感謝されていました。

 

小さな写真をクリックすると大きな写真が見れます↓

Cimg3429 Cimg3430  Cimg3431 Cimg3432

Cimg3433  Cimg3434  Cimg3435  Cimg3436

Cimg3438  Cimg3439  Cimg3440  Cimg3441

Cimg3442  Cimg3443

明日にはちぎちゃんとゆうみちゃんの〇と×をアップしようと思っています。


 

貴城けいコンサートを観ました。(写真をアップ)

貴城けいコンサート「I have a dream(06年・サンシャイン劇場・千秋楽)を観ました。

皆さんがかしちゃんを中心にノリノリで若さを爆発させて居る舞台でしたが、私はこの'06年のコンサートは今日初めてで~


びっくりしたのはみっちゃん(北翔海莉)や、かちゃさん(凪七瑠海)ちぎちゃん(早霧せいな)七帆さんらが出演して居て不思議に思っていたが、かしちゃんは最後は宙組だったんですね。余りにも雪組の印象が強く勘違いしていました。

 


兎に角、あの頃は紫城るいさんと1作だけコンビを組まれて居たが、当時はラブラブで、今日も大勢で踊りつつも二人のデュェットがあったり~最後のるいちゃんのコメントが熱かったり~久しぶりに昔の仲良しぶりを観て~微笑ましかったです!ヽ(^o^)丿



かしちゃんは最後はライオンの様な髪型をしていたが良く似合ってお綺麗で~歌も上手くて~素的でした!

 

今日はJPOPなどは楽しそうで曲名は分からなかったですがみっちゃんや、ちぎちゃんを追いかけながらしっかり見ていたのですが、途中からうとうとと~良いお昼寝タイムとなり~( ◠‿◠ ) でも最後は又観て、皆がかしちゃんを慕う様子が観れて~素敵なコンサートでした!

 


Cimg3413  Cimg3414  Cimg3416


Cimg3415_2  Cimg3417  Cimg3418


 

琴ちゃんを感じながら「火怨・北の英雄~」を最後まで観て。

NHKの「火怨・北の英雄 アテルイ伝」を2部最後まで観ました。



映像では阿弖流為(礼真琴)と、佳奈(有紗瞳)が結婚しても、阿弖流為は母礼(綾 凰華)と共に、如何に大和の大群と戦うかを常に考えていて、佳奈と二人愛を楽しむ余裕などない感じで、佳奈は常に傍にいても口を挟む事は無く、遠くから見て居たり~兄が来た事を告げたりはしていたが、普通のドラマの様な愛を感じる場面は少なかった!


これを宝塚らしく~と言っても難しいんだろうね!~と言う事で、男女の愛は感じる場面は少ないが、母礼との男同士の友情は最後まで強いものを感じた。

 

阿弖流為と母礼のビジュアルは最初は雄々しく観れると思うが、戦いに明け暮れる後半は、特に髪はひどい状態だった。

 

 

阿弖流為が山と川のある自分たちの居場所を護る為に、折れずに戦おうとする姿は一本気と気迫に雄々しさを感じるが…それにしても大和群10万の兵に対して、大墓は多くても4500くらいで戦おうとは、余りにも無謀を感じるが、立ち向かう姿に雄々しさを感じた。そうするよりなかった様で~。




ちょっとネタバレになるかな?↓

最後に二人が捕まってから~田丸麻呂が「阿弖流為と母礼の優れた器量をこれからの蝦夷平定に役立てられぬかと桓武天皇に進言するシーンがあったが、二人を活かして使いたい気持ちがあったのか~田丸麻呂(瀬央ゆりあ)の人間味を感じるシーンだった。


田丸麻呂の進言に桓武天皇は、蝦夷は朕(天皇自身)の手の中にある。逆らう者はその首を刎ねる」と~たとえ田丸麻呂であっても~という事でしょう。その恐ろしい言葉に唖然とする田丸麻呂でした。

 

ほんとに最後は哀れで、これを琴ちゃんが演じるのかと思うと~"(-""-)"辛い舞台ですね!

 

琴ちゃんが主演の「阿弖流為」が気になって

琴ちゃん(礼真琴)が主演の「阿弖流為」が気になって~ついに高橋克彦さんの「火怨 北の燿星アテルイ」 (講談社文庫) NHKで放送された歴史ドラマの [Blu-ray] 「火怨・北の英雄 アテルイ伝」まで買ってしまいました。



Blu-rayは本を読んで比較したりしましたが、やはり配役が発表されると人物を当てはめて観れたり出来るので、興味深く観れるし~文庫本の方もしっかり頭に入って面白いが、ブログの記事を更新したりしていると余りにも本を読む時間が無く残念である。

 

 

文庫本の最初の方は、何故陸奥の国が土地を奪われることになったのか?等~さすがに丁寧に詳細に書かれて居て、阿弖流為の父親阿久斗(あくと)が、頻繁に出てきて、胆沢・大墓の人々を支配し阿弖流為(礼真琴)に命令したり指導していく様子が書かれて居るが、宝塚の配役には父親阿久斗(あくと)の名は載って居ない。

 

それだけでなく宝塚の配役には大和群に連れ去られた妹・阿佐斗の名も兄・阿万比古の名も無い。


飛良手(天華 えま)は、早くから本に書かれて居て、母礼(綾 凰華)より先に登場し、母礼を誘う場面があり、ここで阿弖流為(礼真琴)と母礼(綾 凰華)や母礼の妹・佳奈(有紗瞳)と出会うシーンがあるが、NHKの歴史時代劇にはそんな初めの頃の事は書かれて居なく母礼(綾 凰華)や、鮮麻呂(壱城 あずさ)が、既に大和側に属していて阿弖流為(礼真琴)たちの居る胆沢に帰りたいという所から描かれて居た。

 

 

DVD一部の終わり頃に、阿弖流為が馬養の大伴須受に「大分待たされているようだから(佳奈を)一緒につれて帰れ」という言葉で阿弖流為(礼真琴)と佳奈(有紗瞳)が揃って馬に乗って~帰るシーンがあり、この後結ばれるが…


大野先生が描く「阿弖流為」は、正式に蝦夷征伐が下されるDVDの一部のラスト辺りから描かれるのかな~と思いました。坂上田村麻呂(瀬央ゆりあ)も登場するし、たたら場(炭が簡単にできる)や、鉄から沢山の手刀や、鎧を作った事等も描かれて居ました。

 


この頃の馬は、移動には必要で人びとの足だったと思われますが、駆ける場面等は映像で使われるとしても、乗り降りシーン位は舞台でも実際の馬が登場するのではないかと思っていて…どうなるのでしょう?

 

青年館のこけら落とし公演と言う事で、どんな新舞台機構があるのかは分かりませんが、そこらへんも楽しみである。

 

宝塚の配役を見ると阿弖流為(礼真琴)が、胆沢に戻ってき母礼(綾 凰華)と心を一つに大和朝廷と立ち向かう男の友情や、 母礼の妹(佳奈)の恋模様なども宝塚的に描かれるだろうと思うが、悲惨さの中にも、阿弖流為(礼真琴)が男として如何にして自分たちの土地を護ろうとしたかの生きざまを~きっと沢山の感動と共に描いて下さるだろうと楽しみにしている。

 

 

主な配役は、以下の通りです。比較して見て下さい。

 

桓武天皇(かんむてんのう)が万里 柚美さんだそうで、びっくりの配役です(@_@)

 

宝塚の主な配役はこちら


NHKの大型時代劇の配役はこちら





«花組「邪馬台国の風」新人公演の映像を観て。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

マイYouTube

いの Twitter↓フォローよろしく!

無料ブログはココログ