貴城けいさん主演「維新回天・竜馬伝!」&「ザ・クラシック~」の感想です。

貴城けいさん主演「維新回天・竜馬伝!-硬派・坂本竜馬III」と「ザ・クラシック~」の感想です。

BS2で宙組「維新回天・竜馬伝」と「ザ・クラシック」を観て 20071222

 

宙組「維新回天・竜馬伝!!」と「ザ・クラシック」を観劇しました20071 9


東宝2度目の竜馬を観て 2007124


「維新回転~」番組詳細はこちら


ザ・クラシック」番組詳細は
こちら

 

 

 

紅さん主演「風と共に去りぬ」にどっぷりでした。

今日の午後は、星組全ツ「風と共にを観ましたが、紅さんバトラーと琴ちゃんスカーレットにどっぷり浸かって至福の一時でした\(^o^)

 

 

最初に観た時より、紅さんのバトラーもお鬚に成れ~粗野な面と紳士な面とが観れてバトラーらしく、誰よりもスカーレットを強く愛する気持ちが感じられて良かった!

琴ちゃんのスカーレットもバトラーの前では気が強く~アシュレーの前では女らしいスカーレットが感じられて良かった!

 

 

紅さんで印象に残るシーンは、スカーレットが階段から落ちた後、メラニーに本心を打ち明けるシーンを観て、本当にスカーレットを心の底から愛している心情が痛いほど伝わってきて~素晴らしい場面でした!

 

 

琴ちゃんの印象に残るシーンは、やはり一幕のラストに唄うシーンですね!何があってもタラを守って行こうという気迫が感じられて~強いスカーレットを感じました!やはり男役だからあの強さが出せるのでは~と思いました。

 

 

そしてメラニーが息を引き取る最後の瞬間は、何度観ても涙が流れます。

 

 

メラニーが息を引き取って、スカーレットが病室から出てきた時、バトラーとアシュレーが待っていて、スカーレットはバトラーを無視してアシュレーに駆け寄って…これでバトラーの気持ちが決まったんだろうな~と思いました。

 

 

そしてフィナーレの紅さんと琴ちゃんのツンデレデュェットは素敵でしたね~!何より二人の息がぴったりで~琴ちゃんが紅さんに対してすごくいい笑顔をして踊っていて、二人のコンビの素晴らしさを感じました\(^o^)

 

 

 

紅さん主演「風と共に去りぬ」を観ての感想です。

今晩スカイステージで遅くに放送される紅ゆずるさん主演「風と共に去りぬ」を観て居ますのでアップしました。

天真爛漫なスカーレットをリアルに演じた礼真琴さんにはびっくりですね!

星組・全ツ「風と共に去りぬ」を今頃になって全編通して観ました

宝塚プルミェール」エリザベート特集より、珠城さん✕美弥ちゃん&愛希さん✕月城さん(写真も掲載)

WOWOW「宝塚プルミェールより…ナレーションは早霧せいなさんです。

 

今日の特集は大劇場で幕を開けた珠城りょう率いる月組公演「エリザベート」から

主要キャスト愛希れいか月城かなと・珠城りょう美弥るりかの二組のトークです。

 

 

 

作品の印象は?

 

珠城さん:一回目出させて頂いた時も不思議な世界観、独特の空気感がお稽古場に漂っていて、今回改めて自分が役をやるとなった時に、こんなにもたいへんだったんかと~感じたそうです。

 

美弥ちゃん:今回のトート、りょうちゃんの力強さもあって、立ってるだけで存在感が出るという~とーとだけでもこんなにいろんな役創りが出来るんだと~びっくりだったようです。

 

珠城さん:トートってこんなに感情をむき出しにして良いんだ躍動的に~とすごく感じたので今までとは違う私なりのトートがお見せできたら良いんですけど~。

 

トート役に付いて

 

珠城さん:基本が黄泉の帝王なので、ベースとしては負の感情しか無く、エリザベートに出会って、一人の女性を思って何十年もゆがんだ愛情表現ですけど、追いつめて行ったり、苦しめて行ったりして自分の方を振り向かせようとする…愛とかを知らないトートだから

そういう風になってしまうんだと思うんですけど、すごくピュアで、一途で~だからフランツにも嫉妬したりしてますし~そこはトートって可愛いなと。浮気もせず~よそ見せず~と二人は異口同音に話していました。

 

 

フランツヨーゼフ役に付いて

 

美弥ちゃん…最初は、若い時期が難しいかなと思ってお稽古始めたそうですが、意外と40~50位のルドルフが成長してきた頃が

 

微妙な差が一曲の中で年取る場面があって、髭が濃くなってもみ上げが多くなって~だけど歌は同じ歌を唄う場面で、ここで声を落ちたような声にしなきゃいけないんだなとか、父親として息子に情をかけたくなるそうですが、そうではなく、継ぐべく皇帝として見なければいけない

ルドルフが役替わりで毎回違う相手とすることが多いから、出していくのが違う。

 

 

 

タイトルロールの「エリザベートを演じるのはこの公演が最後の舞台となる愛希れいかさん。

そして重要な役どころ…最後にエリザベートの命を奪うことになる月城かなと演じるルイジ・ルキーニ

 

ここからは、愛希さんと月城さんのトークです。(二人は手を振って~是非月組も見に来てください!とお声をかけていました。)

 

 

退団公演を迎えて~

 

愛希さん…最後だからやるだけやらなきゃ~と言う気持ちはありますけど、意外とさいgだから~は余りないかも~周りの方が思って居ると月城さん。

 

そうかな~?思って居ますよ周りはみんな食い入るように~見て居ますよ!誰も動かないもん。周りは目に焼き付けようとか~お稽古に対する姿勢とか~

少しでも学ぼうとしてる娘役さんは観ているそうで、兎に角やるという風は、稽古場に吹いてるそうです。

 

ちゃぴさんとれいこちゃんは同期生で、同期生目線で観たお互いの役創りは?

 

エリザベート役に付いて

 

 

愛希さん…観るのとやるのとでは全然違うんだなと感じる日々だそうで、

 

月城さん…エリザベートは意外と近いかなと思ったそうですやる前までは。その上をいってましたね。いつも悩むそうで~いつも悩んで限界まで行ったらある日を境に別人のようになって稽古場に現れるそうですが、でも今回は珍しく苦戦しててでも昨日の通しを観て子供から大人までが繋がったな~と(ちゃぴさんは納得いかないようでしたが)

孤独であればあるほどあの人は輝いていくから~みんなくいいるようにみているとか。

 

 

ルキーニ役に付いて

 

愛希さん…ルキーニはお話を回さなきゃいけないし、人物的にもかなり狂気的だし~理解しにくい部分も沢山あるし~ある日を境に逆立ちしたね!(小池先生の無茶振り)

 

 

小池先生に稽古場で逆立ちしろと言われ逆立ちしたとか~少し抜かなきゃならない部分があって~でもそれがちゃぴさんにも見えたという。

 

 

珠城さんと美弥ちゃんにお二人のおすすめのシーンを聞きました。

 

珠城さん:ミルクとかは民衆をあおっていくところがあるので~気持ちが上がって自分の中ではゾクゾクする部分になるんじゃないかなと思うので、死の場面は結構好きで、こっちサイドのシーンになるからと。ドクトルのシーンは小池先生が色々やってみて下さり新しい場面になっているそうです。

 

美弥ちゃん:自分のナンバーーじゃないけど不幸の始まり~とかは好きで、一人とそのあとに続く全員のコーラスの掛け合いがすごいよね!

 

珠城さん:演出もマインドコントロールされてる感がすごい表現されていて素晴らしいと

珠城さんは夜のボートも個人的には好きだそうで、出も歌っていらっしゃる方にしてはすごい切ないだろな~と思うけど~

 

いつまでも分かり合えないことが苦しいと美弥ちゃん。

 

すごい辛抱役だな~と思うと珠城さん。

 

次回エリザベート第2弾を放送されるそうです。

Cimg4737 Cimg4738 Cimg4739

Cimg4740 Cimg4741  Cimg4742

  Cimg4746  Cimg4747 Cimg4760_2

Cimg4748  Cimg4749   Cimg4750

Cimg4752  Cimg4753  Cimg4754

Cimg4755   Cimg4756   Cimg4757




































 














 

 

 

 

真矢みきさん主演「RYOMA」の事等。

今日のスカイステージで観ている番組は真矢みきさん主演「RYOMA」です。

今はすっかり女優さんとなられて、女らしい真矢さんの当時の男っぽい姿が観れます。

花組の「RYOMA」

«水さん主演「星影の人」の感想色々です

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

  • Cimg0556

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ