柚希さんの「REONISM(CD+DVD)」を購入

柚希さんの「REONISM(CD+DVD)」を購入しました。

CDには5曲入って居て、その曲のミュージックビデオの撮影風景がDVDで観れましたが、撮った写真が薄い本に写真集の様に収められていました。

ちえちゃんは、舞台が掃けた後で真っ直ぐ写真撮影の現場に連れて来られたようですが、疲れた顔も見せず、頑張るちえちゃんの姿にプロだな~と感じました。

撮影時のメイクは宝塚OGのCHIHARUさん。

又沢山のインタビューに答えられていて、最近の状況を知らなかった私には嬉しいDVDでした。

インタビューでは、一曲毎に曲に対して感じる心情が綴られていて、プロ歌手としての評価がさすがです!

その他、2016年初夏からの歩みをたどって、沢山の質問に答えられています。



ドキュメンタリー番組であこがれの地アルゼンチンに行かれた時の事では…柚希さん、何よりタンゴの勉強が出来た事が大きかったとか。後の舞台で「なるほど」と分かったりした事もあり良い経験だったと振り返って居ました。



短期間で仕上げなければいけ無かった事についてや、本番にはどう臨んだか?又
先生とのやり取りで学んだことは?とかにも丁寧に答えられていました。
秋には「バイオハザード~ヴォイス・オブ・ガイヤー」でのミュージカル初主演がありました。どうやって引っ張っていくかと言う部分でプレッシャーはありましたか?




柚希さん…外の世界で、それも大ベテランの方々がいらっしゃる中の女性役、本当に初めてづくしの舞台だったので、手探りで始めるしかなかったですけど、個性豊かな実力派の方々が、すごく支えて下さったから、引っ張る云々を考える前に、自分の事に集中して真ん中にポンと立つことが出来ました。出演者同士が仲良くて、盛りあげてくれるので、自然と一体感も生まれましたね。稽古中からとても楽しかったです。



公演終了と同時に皆さんとお別れする事について…

柚希さん
宝塚と全く違う状況にまだ慣れていない事・又何かの作品で会えたらいいね」と言って別れて行くのが新鮮で、ちょっと不思議だったそうです。でもだからこその貴重な時間だったそうで、色んな絆が生まれ、宝物のメンバーと宝物の作品が出来たと仰っていました。


年末には、「Act Ageinst AIDS 2016」にも参加された時の事・武道館は宝塚現役時代以来の事等も語って居られました。




女性として生きることに何か変化はありましたか?
退団後すぐ「プリンス・オブ・ブロードウェイ」に出演された時、、そのままで女性であると言う事に気付いたと仰っていましたが、


柚希さん
…あれ以来ずっとそのまま自分なりの道を歩んできています。いきなり髪を伸ばしたり、スカートを履いたりは出来ませんでした。


プライベートで、女性として変化はありましたか?


柚希さん、以前はメンズの髪型ばかり研究したり、女性っぽく見える服は、避けたりしていましたけど、今は女の子の髪型を研究しますし、可愛い服を買ったりもします。ジェルネイルに初挑戦した事も新鮮な体験だったそうです。


最後に柚希さんは、「REON JACK2」に向けてドタバタした毎日を過ごしているそうですがチョコちゃんに癒されているそうです。


ここに載せたのは、ほんの一部ですが、今の心境が良く分かり、卒業後のその時々のお気持ちや、柚希さんなりにずっと地に足を付けて歩んでこられてる事等が伺えて~興味深く観させて頂けました。DVDを買って良かったと思いました。


私は今日、パシフィコ横浜大ホールに「REON JACK2」を観に行ってきます。


Cimg3094    Cimg3101    Cimg3111
Cimg3098    Cimg3097    Cimg3117
Cimg3115


月組「グランドホテル」千秋楽の映像を観て。

月組公演「グランド・ホテル」の千秋楽の映像を観ました。

今日、ニュースにこの映像が入って居て、この所「スカーレット・ピンパーネル」にうつつを抜かして居た者としては、正直まだやってたんだ~の気持ちで千秋楽の映像を観ました。



「グランドホテル」の作品については、海外でも、日本の初演でも好評を博した作品だったと書かれていますが、自分の中ではミュージカルとしては愛や、悲哀を感じながらも、それほどの感動もなく、良い作品だったとは思えず~唯、舞台と言う限られた時間内で、一日半のうちに繰り広げる様々な人生模様を少ないセリフで描き上げていてすごいと思いましたが、それよりもそれぞれの役が嵌って居て魅力を感じた舞台でした!



出演者については、珠城さんはやっぱり男爵役がぴったりだったし~ちゃぴさんはバレリーナらしくて、このコンビやっぱりお似合いだな~の印象を改めて強くしました。
そして美弥ちゃんもこのトップ二人と並んで全く違和感がなく、特にオットーは美弥ちゃんの人柄が滲み出ていて良かったですね~!

ショー「カルーセル輪舞」は、沢山の見どころがあったと思いますが、映像は少しづつのダイジェストなので~でも退団者二人のダンス場面もあり、千秋楽ともなると、トップお二人のデュェットダンスがさすがに美しく~二人のコンビが素的で~キラキラ珠城さんに魅了された舞台でした!


舞台が終わって憧花ゆりのさんのご挨拶ではトミー・チューンさん・初演のオットー役の涼風真世さん・男爵役の久世さん・フラムシェン役の麻乃佳世さんが紹介されていました。


そして博多座公演を最後に月組から雪組へ組替えされる朝美絢さんを紹介、本公演はこの東京宝塚劇場が最後の公演という事で、幕前でご挨拶され「一カ月間本当にあっというまだったそうで、「グランドホテル」と「カルーセル輪舞」と言う素晴らしい作品に出合い
今の月組の一員であることを誇りに思う事や、5月27日の博多座千秋楽まで月組の朝美絢を全うしたい~などが聞けました。

美里夢乃さん・煌海ルイセさん・咲希あかねさん・貴千碧さんの4名の退団者が紹介されそれぞれのご挨拶が聞けましたが、皆さんご家族やお客様への感謝のお気持ち等~堂々のご挨拶で立派でしたね~!


そして珠城さんは、「~千秋楽まであっという間だった事・素晴らしい作品に巡り合うことが出来た事が幸せだった・そして一人で背負うには大きすぎて重すぎる羽根を、月組の仲間と、ハッチさん・みつるさん・お客様・傍で支え続けて下さった方・全ての皆様に感謝の思いでいっぱいと~感謝のご挨拶が聞けました。これからも舞台の上で沢山の愛をお届けしていきたいと~キラキラな笑顔でご挨拶されていました。

最後にお一人づつから、ありがとうの一言とか・幸せいっぱいとか・心の中の桜が満開とか~無事ご挨拶できて良かったとか、それぞれの言葉が聞けました。
そして珠城さんに寄り恒例の月組大ジャンプをして幕となりました。
皆さまお疲れ様でした!




劇場で観た時の感想を書いています…こちら


2009年の「カサブランカ」を途中から観て。

昨夜2009年の「カサブランカ」を途中から観ましたが、ゆうひちゃん男っぽくて良かったですね~!

北翔さんもルノー大尉として腹布団いれての活躍がぴったり!

劇場で観た時の感想はこちら


公式はこちら 

昨日放送された雪組「黒い瞳」の感想です。

昨日午前中に放送された雪組「黒い瞳」も、ロシアの文豪プーシキンによる「大尉の娘」を題材に、貴族出身の青年将校ニコライ(音月 桂)と、大尉の娘マーシャ(舞羽 美海)との身分を越えた純粋な恋が美しく描かれ~宝塚らしく良い作品でしたね~!



過去の感想ですが、良かったら見て下さい。↓

昨夜放送の星組「風と共に去りぬ」は

昨夜放送の星組「風と共に去りぬ」は、劇場には観に行かなかった舞台ですが、映像で何度か観ていますので、過去の感想でよろしければ見て下さい。


«宝塚プルミェールより雪組&宙組

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ