« NHKの「これからの日本」を観て | トップページ | 今日ビックカメラで100人に1人の大当たり! »

2005年6月29日 (水)

花組「マラケシュ~」「エンター・ザ・レビュー」を観て

「マラケシュ・紅の墓標」は北アフリカモロッコ内陸の都市マラケシュを背景の舞台だったが夢のある舞台とは程遠い暗く意味不明なダンス、唯一恋が芽生えるリュドヴィークとオリガも結ばれず、かといって昔の恋人ともよりを戻すわけでもなく砂漠に取り残された測量隊は初めから終わりまであの格好でさまよい歩き続けたり~正直、全く感動の無い舞台だった!


樹里さんのあのような役どころは何故かぴったりなので違和感を感じなく観られるがおささんの詐欺師の与太り方はなよなよしてちょっと可笑しく感じた。

 

荻田先生もう少し宝塚ファンの夢を壊さない作品を作ってくださいと言いたい。

生徒さんはどんな作品でも一生懸命さが見えるだけに可愛そう!


今日は団体のお客さんが多かったように思いましたがあの方たちは初めてあの作品を観られてなーんだ宝塚ってこんなのかと思われたら大変と思いました。

 

ショーの「エンター・ザ・レビュー」は素晴らしかったが、お芝居の舞台があまりにも何の魅力もなく~感動の一つも感じられない舞台だった所為か、ショーにまで影響して手拍子も今ひとつ乗れなかった。


おささんはショーは良い曲を美声で聞かせてくれてフィナーレは素敵な衣装でふーちゃんとのデュエットもぴったりで素敵でした!

 

樹里さんはやはりエンターティナーだなーと感じた舞台で歌もダンスも上手く華やかさもあり、この人がトップになれずに辞めるとは信じられない。

 

下級生ながら光ったのは桐生園加さんで切れの良い男っぽいダンスは高翔みず希さんに勝るとも劣らず素晴らしかった。

 

ショーの「エンターザレビュー」は歌ウマのおささんの魅力で満足の舞台でしたが、残念ながら「マラケシュ~」には何の良さも感じられずネガティブな感想になって仕舞いました。

« NHKの「これからの日本」を観て | トップページ | 今日ビックカメラで100人に1人の大当たり! »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「マラケシュ~」「エンター・ザ・レビュー」を観て:

« NHKの「これからの日本」を観て | トップページ | 今日ビックカメラで100人に1人の大当たり! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ