« 瀬奈じゅん「新たなる飛翔」を観て | トップページ | 郵政民営化否決 »

星組「長崎しぐれ坂」を観て

やぁー!良かったわー!


吉田優子先生の音楽も良いし、日本情緒をたっぷりと感じる作品で素晴らしかった!

配役もぴったり!和物としては久しぶりにいい作品を見せて貰った感じです。

民放の時代物のテレビには良く江戸無宿とか同心とかが登場していたので、そんな舞台を想像して居ましたが、やっぱり宝塚は違っていた。 

ナウオンの植田先生のコメントは「どんなストーリーにするかこの3人をどんな役にしたらそれぞれの魅力を十分に引出せるかを考えた結果、こう言う作品が出来上がった~」と仰っていましたが、さすがです! 

宝塚からはちょっとはみ出た作品と感じながらも男の友情を軸として主役3人を上手く使った配役の上手さに感心しました。


先ず主人公のトドさん…ドスの利いた声と無宿者になりきり貫禄充分なトドさんに圧倒されました…やっぱり和物には舞台の引き締め役として必要とする人だと改めて感じた舞台で、最後の船の場面は男の友情を感じ胸に込み上げる物がありストーリーの良さを感じた。


唐人屋敷の伊佐次の部屋でわたるくんは檀ちゃんのまねをして女っぽくしたりセリフも女役さんのように話したりで大うけしていたがこの舞台を始めてみる私でも明らかにアドリブと判ったし舞台であんな風にして見せたわたるくんは初めてなので本当に可笑しかった。


ショーは思いっきりわたるくんのダンスも観られたし、和物でのとうこさんもショーで歌うとうこさんも初めて歌が上手い!聞かせるなー!と充分魅力を感じ、れおんちゃんの素敵なダンスも観られたし最高の舞台だった。


舞台が終りまだその余韻が残る中、軽く食事をすませて出待ちの列にまぎれながら見ていると直ぐにとうこさんが出てきて、20分位してから黒い上着に黒い帽子を被ったわたるくんがニコニコしながら出てくる姿を見る事が出来、素晴らしい一日だった。

 

« 瀬奈じゅん「新たなる飛翔」を観て | トップページ | 郵政民営化否決 »

宝塚舞台・その2」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118337/5338008

この記事へのトラックバック一覧です: 星組「長崎しぐれ坂」を観て:

« 瀬奈じゅん「新たなる飛翔」を観て | トップページ | 郵政民営化否決 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

  • Cimg0556

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ