« 郵政民営化否決 | トップページ | その後 »

2005年8月 9日 (火)

郵政民営化に思う。

なぜそんなに急がなければならなかったのかと聞かれれば確かにそれはあるがもう2年も審議してきたのだし修正修正していてもきりがないが一番の理由は小泉さんで無ければ出来ない問題だろうし、そんな悠長なことを言っている場合ではないからだろうと思う。
いまや国の借金は700兆だそうだ。小さな政府にして出費を減らし少しづつでも借金を
減らしていかなければならない。郵政民営化は財政改革の入り口に過ぎないのにその改革さえも出来ないなんて…。
小さな村の郵便局を無くさないようにと言う気持ちも判るけど、本当に必要なら地域の住民が一丸となって何でもやりながら守って行く事が大事ではないだろうか?
民間だってどれだけ淘汰されているか知れない…国がこれだけの借金を抱えてニッチもサッチも行かなくなっている時に小さな郵便局がなくなるとかと言う問題よりももっと大きな目で見てもらいたいなー。もちろん年金問題だってあるけど年金制度なんて社会保険とからんで郵政問題よりもっと難しい問題だわ。そんな中で郵政問題はやっとここまで審議してきたと言うのに、国鉄だってNTTだって民営化してサービスが向上してきたではないか。
先日のJR西日本の事故のことを利益を追求するあまりに過密ダイヤにした所為だと言う人がいるがあの事故は民営化されていなくても起こりえる問題だったと思う。
現に今の新幹線のダイヤはあのスピードでしかも過密ダイヤであるがあんなひどい事故は起こっていないんだから。要するに過去に置いてのサポートとか安全に対する気持ちが会社全体で薄かった事が一番の理由ではないのか。
とにかく国の財政が収入で出費を賄えるようにする為には、何時になるのかは判らないけれどその第1歩として郵政民営化は絶対にしていかなければならない問題だと思う。
解散後小泉さんは反対票を入れた人たちを公認しないと決めた。さらにその人たちが当選してきても手は組まないとさえ言い切った…そしてその地域には新しい候補を立てるとも言っている。そうだろうなーそれくらいの気持ちなんだろうと思う。もし今度の選挙で自民党と公明党を合わせて過半数取ったなら又郵政民営化で頑張ると、でももし過半数割れたときは辞任すると。こんな一本気がいいなー!

« 郵政民営化否決 | トップページ | その後 »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化に思う。:

« 郵政民営化否決 | トップページ | その後 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ