« 月組「暁のローマ」初日を観て | トップページ | 月組「暁のローマ」3度目の観劇 »

2006年7月13日 (木)

「暁のローマ」は

月組ファンだけど一言で言うなら駄作という言葉以外に見つからない。



麻子さんが大好きだから一生懸命良いところを見つけて「良かったね!」と言いたかったが2度観劇したがどうみても前半「カエサルは偉い♪」と繰り返し唄われる時「もうやめてくれー!」と叫びたい気持ちを抑え逃げ出したい気持ちを我慢し…どうして偉いのか本当に中身のない芝居だ!


後半は王制に反対するブルータスが悩みながらもカエサルを殺すことを決意しストーリーは進んでいくが結果としてカエサルを殺しても末は市民達に脅かされる羽目となる。



王制か共和制か、カエサルは殺さないほうが良かったのかなど知る由もないがこう言う作品はバウででも公演してもらいたいと思ったのは私だけだろうか?



ブルータスとボルキアの愛も歌で「愛しているー♪」を繰り返しが多くいらいらしたが後半いきなりボルキアが狂って出てくるのにも驚く。



又回りに女を侍らして唄う場面や赤ん坊まで抱っこして出て来る場面は何とも品がない。



ストーリーが決まっていても多少は宝塚的に仕上げてくれるものと期待していたが幕が上がって酷評にがっくり!それでもこの目で確かめるまではと批評は控えていたが久しぶりの公演を次はどんな作品だろう?



麻子さんはどんな役だろう?愛のある作品だろうか?



夢のある作品であって欲しい!と首を長くして待っていたファンとしては全く裏切られた作品でこの苛立ちを何処へどうぶつけたら良いのかと思う毎日です。



それでも明日は3回目を観劇予定です。



そんな気持ちをいっぺんに慰めてくれているこのショーは月組生一人一人の魅力がキラキラと宝石のように散りばめられていてもう終わってしまうのかと思うほど素晴らしいショーで劇場を出てからもレ・ビジューブリアン~♪の曲がずっと頭の中を流れて観劇後の幸せを感じました。



それにしてもフィナーレのデュエットダンス短すぎるのでは?一緒に観劇のお友達も全く同じ意見でした。




« 月組「暁のローマ」初日を観て | トップページ | 月組「暁のローマ」3度目の観劇 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月組「暁のローマ」初日を観て | トップページ | 月組「暁のローマ」3度目の観劇 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ