« 日曜日の10ちゃんねる | トップページ | 「太陽の黙示録」を観て。 »

2006年9月16日 (土)

ダンサー柚希礼音を観た。

この所少し意識して宝塚から目を背けていたし、スカイステージでも観たい番組もなく寂しい日が続いていた。



星組の柚希礼音ちゃんのダンスなら観ても良いかなぐらいの気持ちでHDDに録画しておいた映像を観た。



星組は好きな組だが1公演の観劇は1~2度なので、礼音ちゃんのダンスの上手いのは知ってはいるが、わたる君やとうこさんを観ながらなので、それほど観ては居なかったというのが正直なところだった。




でも今日「Young Bloods!!]を観て驚いた。




1部は人生をバレェに掛けた男の物語だったが、愛する妻と愛しい子供を残して苦しみながらも自分の心に従いカナダに亡命した一人のダンサーの悩み苦しむ姿を見事に表現していた。




プロローグでチェリンカに扮し踊ったバレェを観て、宝塚でバレェの名手と言われる人は多いがこんなに素晴らしい男役のバレェをここまで綺麗に正確に踊る人が居たのかとほんとに驚いた!




そしてこの人いつも明るく、トークはのんびりのイメージしかなかったがこんなに悩み苦しむ役が出来るんだー!




歌も感情籠めて唄っていたし礼音ちゃんいつの間にか成長していたんだなー!



2部は歌とダンスの楽しいショーだったが客席降りも楽しくこなし、下級生達もルンバの曲に乗って生き生きと踊り楽しそうだった!




それにしても星組の下級生は踊れる人が多いなー!




群舞の帽子を被ったり脱いだりするダンスも良かったが、周りに女役さんを6人も侍らせたダンスはまるで麻子さんばりで礼音ちゃん中々濃かったぞー!




礼音ちゃんは多分近い将来トップ間違い無しの生徒ではあるだろうが、いつもはわたるくんやとうこさん・しいちゃん・すずみん等の下で、ともすると隠れがちながら確実に実力を着け本公演とは別にDSのような形で発表する機会もらえたということは幸せな事だと思う。





お芝居もダンスも歌も立派だったが最後の挨拶も興奮しながらも自分の言葉で落ち着いて挨拶しその度胸たるやトップの資質をすでに備えているようであった。





ほんとに観てよかったー!



10月からの星組東宝公演は3回はチケット用意してあるから、礼音ちゃんも出来るだけ観よう!



ここへきてやっと少し私の暗い心にも光が差しこんできたかなー…。




« 日曜日の10ちゃんねる | トップページ | 「太陽の黙示録」を観て。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ