« 湖月わたる・サヨナラ特別番組を観て | トップページ | 雪組「Young Bloods!!」を観て »

2006年10月23日 (月)

リトルダンサーを観て

父親は会社がストで気持ちに余裕のない毎日のため、ビリーの言葉に耳を傾け様ともせず、

それどころかびりーの才能を見出し、無料でレッスンを受けさせてくれた先生にも冷たい言葉を浴びせて頑固な気持ちを崩さなかった父親が、


クリスマスの夜、父親に反発の気持ちを込めて躍る息子の踊りに驚き、才能に気づく。


父親は慌ててその足でバレエの先生を訪ね、失礼をわびるのです。


息子へ夢をかなえさせてやりたいと、抑えていた気持ちが爆発し、ストまで破って~さすがに親であり涙を誘われます!

最後に夢が叶うと言う映画は、そう願いながら見ている者をほっとさせてくれます。


こんな父親と少年のほのぼのとした関係がなぜかほほえましく羨ましく素的な映画ですね~!


そして成長したビリーが白鳥に扮して踊り始める…素晴らしいエンディングに感動で涙が溢れてしまいました。


少年が夢を持ち果敢に現実と戦い夢が叶うまでを描いている作品って本当に良いですね!


そういう意味でこの映画は大好きな作品です。

« 湖月わたる・サヨナラ特別番組を観て | トップページ | 雪組「Young Bloods!!」を観て »

映画・テレビ」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ