« 北翔海莉さんのこれからが楽しみ! | トップページ | 東宝・星組「愛するには~」2度目の観劇 »

2006年10月30日 (月)

星東宝マイ初日でした

今日やっと星組東宝公演のマイ初日でした。


 

「愛するには短すぎる」は大人の恋の心の動きを良く表現しながら時々は笑いを誘う演技が切ない中にも楽しさも感じられて、又となみちゃんとのコンビはあまりにも自然で演技と言うよりは地で迫っているようだった。

 

 

 

そしてショーは、あのプロローグでのチャイナ服にソフト帽のあの衣装は絶対にわたるくんじゃなければあの魅力はでないだろうと思ったが、立っているだけで素敵なのに階段上で「うらぶれーたー~♪」と唄い踊る姿はもう目が離せなくて~しびれました~!

 

 

 

今プログラムを見たらあの場面の振付は全部羽山先生だった。

 

 

 

やっぱり羽山先生の振付だとわたるくんの魅力は倍増するんだなーと思った。

 

 

 

本当に幸せを感じる一時だったが、でもわたるくんこの舞台が最後なんですよね~!(-.-)

 

 

 

後2回観れるからまだいいけど。観劇後お友達とおそばを食べて出てきたらまだ出待ちの人達が並んでいるので、わたるくんまだ出て来ていないんだなと思い、ずっと待っていたのに、しばらく待っても出てこないのでもう帰ろうとしたら係りの人が「解散するからすばやく移動してください」と言っていました。

 

 

 

結局わたるくんは出て来なかったんだわ!あ~ぁ残念だったなー!

 

 

 

 

 

 

« 北翔海莉さんのこれからが楽しみ! | トップページ | 東宝・星組「愛するには~」2度目の観劇 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ