« 雪組「Young Bloods!!」を観て | トップページ | 北翔海莉さんのこれからが楽しみ! »

2006年10月28日 (土)

「SKI INTERVIEW 柚希礼音」を観て。

ショーが入るワークショップと言うことですごい嬉かったとか。

15人でショーの作品をやるのはすごく大変ですが全員が早代わりで踊ったり唄ったりするので全員が歌唱力もダンス力も無ければならなくて新人公演の長だったので皆が沢山お稽古して一緒に作っていけたらと思ったと。


本公演では自分のことだけ考えていれば良かったけどこの公演では長として心構えが違っていたんだね!

あんなにトークでは甘えたちゃんの様子でも一旦舞台に上がるときっちりと男役をこなしていて驚くわ!

何時の間にこんなに成長したんだろうと思わせてくれたわ。先日のわたるくんもトークで礼音ちゃん成長しているって喜んでいましたね。


芝居については、私の為に作ってくれた作品であることが台本を読んでいて判るのですごく嬉しかったと。

短い時間だったけどその中で藤井先生がきっちり描いてくださっていたと。

最初の頃星組が忙しかったので代役代役でどんな風になるのか不安だったそうですが、チェリンカと言う役がすごく好きだったと。

今までは明るい役が多かったが今回の役は思い悩んだり亡命したりするのが新鮮に感じて面白かったと言う。

今回は組長として皆をグイグイ引っ張らねばと思っていたが逆に皆に盛り上げてもらい支えてもらっていた。

同期も一人も居なかったが下級生が一生懸命やってくれて本当にお芝居は一人ではできない事を痛感したと話していましたね。


子供の頃 幼稚園までは弱い子だったがお兄さんが少林寺拳法をやっていて、やり始めてから強くなったそうです。

小3でクラッシックバレイを始めたがその頃はバレェばかりやっていたらしい。


宝塚との出会いは、高校2年の頃留学しようと思ったけど日本でも毎日踊れる所があるからと言われて初めて宝塚を観たのが真矢みきさんの「失われた楽園」と「サザンクロスレヴュー」だった。

まさか「サザンクロス~」をもう一度やれるとは思っていなかったと。


ファン時代が余り無かったので音楽学校に入学したときは上下関係が厳しいと思った。


でも授業がダンスとか歌とか演劇とかばかりなので、普通の高校と違ってなんて面白いんだろうと思ったと。

そして初舞台では一気に早変りとか経験できてよかった。


新人公演では「王家に」のラダメスはお稽古場で見ていてやりたかった役なので嬉しかった。

「1914愛」は、新人公演前日も悩み苦しんだ作品だったがあの作品が自分としての変わり目だったかなと思う。

わたるさんからも色々指摘してもらって深い心の部分もアドバイス受けたそうです。


「長崎」でわたるくんの役から轟さんのさせていただける事になったときはすごく勉強になった。本当にこの公演では一皮むけて男っぽさが出せるようになったと。


舞台観ていて本当に役になりきっていると感じるし男っぽさも出てきましたよ!


ダンスが少し前までは広いところで踊るのがすきだったが最近は男役のバリッと決めたバタバタ動かない踊りが好きになってきたとか。

ダンスが踊りたくて宝塚に入ったので前より一列づつ前に出て踊れる事が毎回嬉しかった。



挑戦してみたい事は、今回大人のちょっと悪い男をしているが色んなタイプの男をやりたい。


何事にも心が篭っている役がやりたい。


常にお客様が想像している私ではなく想定外で驚かせどんどん大きくなりたい。


頭を柔軟に人に言っていただける言葉を聴いて大切に取り入れて行きたいと。


本当にこのインタヴューを聞いていると意欲満々ですごい頼もしさを感じたわ!
そしてダンスを躍らせたらその求心力たるやもう目が離せなくなってしまうからすごいよ!この人!私の勝手な予想ではあるが劇団は礼音ちゃんは100周年に主演をやるようにしたいんじゃなかろうかと思えてならない。
ダンス力は最高!歌唱力も素晴らしい!そしてお芝居も最近は役になりきっているし~きっとわたるくんのような男ぽい男役になれると確信している。

 

« 雪組「Young Bloods!!」を観て | トップページ | 北翔海莉さんのこれからが楽しみ! »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ