« 月組「パリの空よりも高く」のナウオンを観て。 | トップページ | 北朝鮮外交は »

2007年1月12日 (金)

早霧せいなさんと和音美桜さんのインタビューを観て。

早霧せいなさんと和音美桜さんのインタビューを観て。


先ずは新人公演を終えて反省する点はと問われた早霧せいなさんは、日本物の着こなし・メークで貴城さんからもアドバイスを受けたそうですが日本物のプロローグとエピローグは坂本竜馬らしく爽やかにきりりと男っぽく踊りたい。

 

 

実在する人物で再演なので…竜馬は喜怒哀楽が激しく急に変るので一瞬にして切り替えられるか、そのギャップが竜馬が愛される所以でもあるので東京では頑張りたい。色んな人と絡むのも初めてだったし周りに助けられて楽しかったそうです。


薩長同盟の場面は一番重要な場面なので真剣だったし好きなシーンでもあり力を入れたシーンでした。

銀橋のセリ上がりについて…緊張しつつもわくわくで貴城さんがやっていたのを今自分がやっているんだと実感して競りあがった。


和音美桜さんについては同期で長い付き合いなので安心してぶつかって行けるし、自分達が納得いくまでお稽古していっぱい悩んで案を出し合ってやったそうです。


和物でデユェットは踊りの中に物語があったので、それを表現できるかとか形を美しく見せる為、鏡に姿を映しながら二人で練習したそうです。


東京公演の新人公演の抱負については、大劇場の新人公演の本番で感じた事があるのでそれを踏まえて新鮮な気持ちで坂本竜馬になり切ってやりたいとゆっくりと考えながら話されていました。

和音美桜さん…頭で考えすぎずに所作事とかに捉われず自分の感じるままのお竜でやりたい。


台本を読んだ第一印象を大事にしたいとか。

相手役の早霧せいなさんについては、自由にやらせてもらえたしお互いにやりにくい所は言い合えたし、すごい努力家なんですよ!


私も負けないようにしなければといっぱい刺激を受けて二度目の主演と言うことで落ち着いている部分も合ったので、夜中まで毎晩毎晩お稽古して、二人のシーンは3場面位しかないですが、」大事にして行こうと頑張りました。


るいちゃんには「考えすぎちゃうからー!」と何気なく言われた事が凄く有難かった!と。


東京公演に向けての抱負は、やることは山積みにあるのでが、心で感じてきちんとお互いが伝え合って行けるよう、東京ではお客様に伝わるよう完璧に持って行けるよう宝塚の公演で学んだ事を少しでも生かして今の私たちにしか出来ない新人公演を頑張りたいと話していました。

二人とも実力派でいらっしゃるし将来が楽しみな人達なので短い時間でしたがとても興味深くインタビューを聞かて頂きました。


ちぎちゃんの唄う時、はっきり口を開けて唄うから観ていてすごく気持ちが良いですね!


それにたっちんは若手では歌手として秀逸していると思うのでいろいろな役を経験して二人とも頑張って欲しいですね!


何よりも同期で助け合って納得するまでお稽古してやれて良かったですね!


東宝の新人公演は観れなくて残念だけどCSで放送される日を楽しみにしています。

 

« 月組「パリの空よりも高く」のナウオンを観て。 | トップページ | 北朝鮮外交は »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ