« 宝塚で明け暮れた1年だった。 | トップページ | やっと観れた「Arnest inLove」 »

2007年1月 2日 (火)

お正月から瀬奈さんの「エリザベート」を堪能!

昨日の夜はACT2からであったが「エリザベート」の放送をリアルタイムで観ることが出来た。


幸せ感というものは人それぞれであろうが私に取って元旦から「エリザベート」をハイビジョンテレビで観れるなんてこんなに幸せなことは無かった!


いつもスカイステージの映像は綺麗でハイビジョンのようだと思っていたが800チャンネルのハイビジョン放送はそれ以上に綺麗で驚いた。

しかも1回限りの放送だから絶対に録画したいし、できればリアルタイムで観たいとは思っていた。


いつもテレビの前で陣取っている主人だったがこのときばかりは主人に2階で観てもらうことにしてテレビ画面を独り占めにしてみることが出来た。


この映像撮りをした日にきりやんの客席とのやり取りで判った事だが、何と客席に湖月わたるさんと春野寿美礼さんが観に来ていたらしい。


そして今朝早く昨日は観れなかったACT1を観ることが出来た。本当に素晴らしいミュージカルで何よりも音楽が素晴らしく嵌ってしまう作品である。


麻子さんがタイトルロールのエリザベート役を演じると判ったときから麻子さんに出来るだろうか?とか、
悪評だったらどうしようとか~それはそれは心配でたまらなかった。

女役と言えば過去に「風と共に去りぬ」でスカーレット役をやっている麻子さんではあったが、ミュージカル「エリザベート」はセリフ自体がほとんど歌であるから歌が上手いとは言えない麻子さんが出来るのだろうかとか~

スカーレットは気の強い女役だったから地で出来る部分もあったが、エリザベートの一生を演じなければならないのに無理じゃないの?…と思っていたが幕が上がってみて驚いた。


子供時代のシシィは今まで観たこともないほど可愛いらしさや天真爛漫さも感じられ、歴代最高のシシィだったように思える。


トートが一目ぼれする場面にはこんなに可愛いいシシィだったらと納得する場面だった。


歌もあそこまでキーを上げて歌えるとは思っても居なかったので、マイ初日で観たときにはびっくりした。


そしてあの鏡の間での美しさにも驚いたが、この映像を観たとき、あーこの人は卒業しても女役ができる人だなーと思えた瞬間だった。


最後に彩輝さんと二人昇天する時はこれ以上の幸せはないというほど幸せ感いっぱいの表情をしていたり、又彩輝さんとのデュェットダンスでは普段女役さんには出せない色気を感じさせてくれた。


やれば出来る!努力の人麻子さんにはまだまだ色々な役を演じて私達のしらない魅力をいっぱい見せて欲しいと願っている。


今夜は又梅田芸術劇場で公演された「Arnest in Love」の舞台が放送される。この舞台を観に一人で梅田まで行ったことが昨日の様に思い出される。

 

« 宝塚で明け暮れた1年だった。 | トップページ | やっと観れた「Arnest inLove」 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お正月から瀬奈さんの「エリザベート」を堪能!:

« 宝塚で明け暮れた1年だった。 | トップページ | やっと観れた「Arnest inLove」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ