« 北朝鮮外交は | トップページ | 「パリの空よりも高く」新人公演&星組・バウ「Hallelujah GO! GO!」千秋楽 »

2007年1月15日 (月)

劇団四季の「鹿鳴館」を観て

お正月にNHKBS2で録画した劇団四季の舞台の「鹿鳴館」を今頃になって観て、題名から想像してもう少し華やかな場面もあるのかと思っていたが、予想に反して舞台上で演じる人の人数も少なく舞踏会の場面もシルエットだけと言う寂しい舞台だった。



お芝居が始まる前に浅利啓太さんへのインタビューの中で、生前の三島由紀夫さんについて脚本を書くときの事などエピソードを話されていましたが、その方が面白くて笑ってしまいました。


舞台が始まる前、浅利さんは最高に格調高い文章で書かれ、当然演じる人たちも最高の演者だから日本物の舞台としては最高の傑作だと思うと仰っていましたが、お芝居が始まってみて、余りのゆっくりと話すセリフに驚いてしまった。



一部ではそれぞれの立場や過去の説明が多かった所為かもしれないが、ともすると感情が入らず棒読みに聞こえるときもあったりして一部を観ている時は途中で観るのを止め様かとさえ思ってしまった。


宝塚の若い生徒さんだってあのセリフ回しよりは上手いぞ!と思いながら観ていたが、まあゆっくりと話すことで観客にとっては意味が理解しやすい事は確かだった!



それにしても全部観終わってみると主演の日下さんも野村さんもあの難しく込み入ったセリフをスラスラと言うには大変だっただろうなーと思えた。


日下さんも一部の終わった後でそのことについて話していらっしゃったが、感情を入れるまでにはかなり熟練しないと難しかったとか!そうかー!あのゆっくりと話すセリフは浅利さんの演出からだったのかと思ったが、


でも2部の最後の方で影山が妻麻子に嫉妬していかにも予定通り行われるように工作をする辺りからお芝居に熱が篭った舞台が観られた。



息子が死んだのは清原の所為ではなく影山が仕組んだ罠からだったと判ったときの麻子の演技は迫真の演技で野村玲子さん演じる麻子と日下武史さん演じる影山伯爵のやり取りは息を呑んで聞く場面でもあった。



衣装は森英恵さんだったらしいが宝塚の衣装部さんの方が遥かに上手いと思ったのは私だけかなー?



少し前に宝塚の作品に不満を感じていた時に、劇団四季の作品ならストーリーはしっかりしているだろうしと思い、会員になり先日ある舞台のチケットを予約をしたら、初めてなのにすごく良いお席が取れてびっくりした。



宝塚も他の舞台も色々観ているお友達が「他の舞台も面白いけどやっぱり宝塚はショーとの2本立てだから華やかで良いわ!」と言っていた意味が良く判った。


これからは偶には劇団四季もいいかも知れないかな…。

« 北朝鮮外交は | トップページ | 「パリの空よりも高く」新人公演&星組・バウ「Hallelujah GO! GO!」千秋楽 »

劇団四季」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季の「鹿鳴館」を観て:

« 北朝鮮外交は | トップページ | 「パリの空よりも高く」新人公演&星組・バウ「Hallelujah GO! GO!」千秋楽 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ