« WOWOWの番組表が届いた | トップページ | ウェストサイド・ストーリーを観て »

2007年2月24日 (土)

龍真咲さんのインタビューで

スカイステージのニュースの中で「パリの空よりも高く」の新人公演でアルマンド・ジャッケを演じる龍真咲さんはインタビューで開口一番、本番が一番楽しかったと答えていらっしゃったり難しかったけど引出しが増えた気がしたとか。

セリフが多くて瀬奈さんに相談したら新人公演のお稽古が始まってからやるのではなく兎に角やれるときにやっておいたほうが良いと言われ12月のお稽古中に必死でやったそうです。

ショーの場面でリフトが失敗したときがあって東京の本番ではさらにお稽古をしてやりたいと意欲を覗かせていましたが映像では中々カッコ良く踊れていましたよ!

東京に向けての抱負は一緒にやっている人と上手くキャッチボールできるように何が起こっても受け止められるようにして行きたいと話していましたが東宝では上手くできたのかな?

星条海斗さんの時にも書きましたが銀橋ではいつも切磋琢磨している様子が感じられて良いですね!

時々遠くから見ると麻子さんに似ているときがあってびっくりすことが合った。まあ物真似出来るというのも悪くはないと思う。

« WOWOWの番組表が届いた | トップページ | ウェストサイド・ストーリーを観て »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍真咲さんのインタビューで:

« WOWOWの番組表が届いた | トップページ | ウェストサイド・ストーリーを観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ