« 「JURIのおじゃまんぼうセンサー2」は蘭寿とむさん | トップページ | 「作品を語る夕べ」「パリの空よりも~」&雪組「エリザベート」公演記念ツアーの事 »

2007年3月11日 (日)

今日NHKで

日曜の朝9時はいつもNHKを見る。いつもは党首会談であるが今日は珍しく安倍さんが出演していた。丁度昨日、米朝の二国会談が行われアメリカが北朝鮮のテロ支援国家解除に向けて着々と進んでいるかの様な印象を与えてしまっているについて、日本人の多くはアメリカがテロ国家から解除するには拉致の問題も含まれると思っていたのに急に変わったことへの不信感と、更に日朝作業部会においての北朝鮮の会議放棄など日本に取っては不利な結果に終わったことへの不満や苛立ちがつのって居たと思う。そんな時に丁度あのように安倍さんが出演し色々な問題に対して直接答えられていて国民としては少しは怒る気持ちが抑えられたような気がする。テレビでは連日の様に安倍内閣の支持率が低下していると放送し、低下をあおっているような印象さえ感じる昨今であるが、どうしてこんなことになるのかはこの番組以外で聞いた話であるがどうも憲法改正問題を掲げる総理を落とそうとする魂胆から色々報じられているとか。

それにしても1時間様々な話を聞かせてもらったが日米同盟の維持についてや、中国とどう向き合っていくかとか、エネルギーの問題にしても環境問題・国連の常任理事国問題等中国とお互いの国を行き来することで友好を深めていく事。従軍慰安婦問題は河野談話を継承していかれるとかは今までの総理と全く同じ気持ちであるとおっしゃっていて、又景気が良いといわれながら実感が無いことについては格差対策を打っていくとか、今年の高卒大卒は就職率は良くなっている来ているという話や又再挑戦できる社会にしていくために予算も取りながら取り組んでいられるとか。世界で生き残っていくためには教育再生については学力向上など。憲法改正問題は大きな課題であること。21世紀に相応しい国作り…国民投票法案など、集団自衛権の行使、同盟関係の強化など。岸内閣の時も父親である安倍内閣時代も掲げながら出来なかった問題に取り組んで行きたいと。防衛庁の格上げ問題政治資金の収支問題、事務所費問題、復党問題、本当に色々な問題が山積みなんですね。でも安倍さんは総理に求められることはと問うと責任感と情熱と判断力と答えられた。そして断固としてやる抜くことだそうだ。さらに安倍内閣では鑑定のパワーアップのため官邸補佐官を5人それぞれがんばって役割をはたしてもらっていると。中曽根さんからも言われたことは大統領的に、そして与党と協力して党内を纏めていくことと。党内で争いになったときはイタズラに乱は求めないが乱は恐れずにと仰っていました。最近の選挙は党首同士の争いになる傾向にあることについてはさらに改革をしていく。美しい日本を作っていく。1年すれば必ず成果が上がっていく。国づくりを行い大改革を行っていく。そして党の顔に相応しい顔になるよう努力するとおっしゃっていて若いけど人間的にも温和でありやるきもあって尊敬に値する総理だなーと言う印象を持ちました。最後に色紙に筆で不動心と書かれ、目先の事におたおたせずに目標に向かって進んでいくという心意気を感じました。こんな総理の言葉が直接聞けて国民の一人として嬉しい限りである。まだ政権5ヶ月?安倍さんめげずに頑張れ!

« 「JURIのおじゃまんぼうセンサー2」は蘭寿とむさん | トップページ | 「作品を語る夕べ」「パリの空よりも~」&雪組「エリザベート」公演記念ツアーの事 »

政治・経済」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ