« DVDで「パリの空よりも高く」を観て。 | トップページ | 最近の東宝公演 »

2007年3月26日 (月)

「新たなる飛翔」大和悠河を観て

この番組を観て本当に驚きました!

たにちゃんてこんなに色々舞台に出ていたのかと!

「おとめ」を見ると1995年3月が初舞台・「国境のない地図」でデビューしたと書かれている。

最初の舞台が1996年の「プレスティージュ」からの映像で始まっていて本当にまだ若い頃の映像である。

出演した幾つもの舞台は、出演している場面だけほんとに短い時間の映像で綴られていたが次々と映し出される舞台にいったい今まで幾つ舞台を勤めてきたのだろうと驚いてしまった!

やっぱり斉藤先生も仰っていたが未来のスターが多く居た中でも抜群にキラキラと輝いて居た人だったから、早くから見出され将来を約束され多くの作品に恵まれてきたのだろうと…まさにダイヤモンドの原石だったのだろう!と思った。

私は紫吹さんのファンであったので劇場に足を運んで観たのは「大海賊」からであったが友達に過去の映像を観せて貰っていたのでかなり観ているかと思ったがそうでもなかった!



1996年「プレスティージュ」 「グランド・ベル・フォーリー」 

1997年「EL DORADO」 「FAKE  LOVE」 「ワン・モア・タイム」 
1998年「ブェノスアイレスの風」 「「黒い瞳」 「ル・ボレロ・ルージュ」「シンデレラ・ロック」
1999年「螺旋のオルフェ」 「ノバ・ボサ・ノバ」 「十二夜」 「LUNA」 
2000年「BLUE MOON BLUE」 「更に狂わじ」 「センダ城の虜」 「Jazz Mania」
      「いますみれ花咲く」
2001年「Practical Joke」 「大海賊」 「ジャズ・マニア」 
2003年「白昼の稲妻」 「テンプテーション」
2004年「1914/愛」 「花舞う長安」 「THE LAST PARTY」 
2005年「ホテル・ステラマリス」 「レヴュー伝説」 「炎にくちづけを」 「ネオ・ボヤージュ」
2006年「不滅の恋人達」 「NEVER SAY GOODBYE」 「コカ・パバーナ」
     「維新回天・竜馬伝」 「ザ・クラシック」
2007年「A/L (アール) 」

以上これらの映像が全てかどうかは判らないが兎に角少しづつ映し出される映像だけであっ!と言う間に一時間が過ぎていました。

どの役もビジュアルが素敵なのは言うまでもないですがお芝居も日本物からコスチューム物から何でもこなして随分と苦労されたのであろうと思いましたが、そんなことは微塵も感じさせないあの笑顔には癒されますね!

中でも一番印象的なのが女役のたにちゃんでした…銀橋から真っ赤な衣装で飛び出したタニちゃんの美しさと品のある色気には度肝をぬかれました。

早くから見出された人だけに、たにちゃんをずっと見守ってきた人たちは随分と待ちわびたトップの座だったであろう…


歌・ダンスは不安はあったがあのスカイステージのA/Lのお稽古場面やステージインフォメーションを観て驚きました!

あの美しい容姿と男っぽさと品の良さと、そしてダンスも歌もいつしか成長していて~トップお披露目を迎えたたにちゃんに心からおめでとう!と言う気持ちでいっぱいになりました。


« DVDで「パリの空よりも高く」を観て。 | トップページ | 最近の東宝公演 »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ