« DVDでファンシーダンスを観て | トップページ | 「新たなる飛翔」大和悠河を観て »

2007年3月25日 (日)

DVDで「パリの空よりも高く」を観て。

1月12日に撮った大劇の「パリの空よりも高く」のDVDを観て。

舞台が始まる前、麻子さんのおめでとうございますの挨拶で始まるこの公演に、そうだお正月公演だったんだと思い出させてくれる。


お芝居なのに、まるでショー?と勘違いするようなシーンから始まる舞台は黒燕尾にピンクのドレスで踊る紳士・淑女が華やか!続いて真っ赤な衣装で踊るタンゴのデュェットはお芝居なのにこんなに表情豊かに踊る麻子さんとかなみんが観られて、何だか徳をした気分になる。



そしてセンスのいい白づくめのロケットから再び全員が登場し麻子さんのブルーのベルベットでの登場へと続くがこの衣装がすごい素敵!



麻子さんが舞台に登場しているときは画面を独り占めして他のファンには申し訳ないがやっぱりトップはいいなーと感じる!



劇場に足を運んで観ていた時はショー場面はちょっと長い感じがしていたが、DVDで観ると全然そんなことは無く、何だかおまけ付きのショーが長くてお芝居が始まる前に満足な気持ちにしてくれる。



そしてお芝居が始まると感情の篭ったセリフと共に細かい表情が観られて一人一人が本当に一生懸命お芝居している様子が感じられて麻子さんとゆうひちゃんの詐欺師コンビも、きりやんも、又ベテランの未沙さん・出雲さん・吉月さんも・腰乃さん・あひちゃん・ホテルマンの人達も、みりおちゃんもみんなこんな表情で演技していたのかと改めて驚いたが、名前が判らない下級生の名前は表示されるから判るし、ミミやマダムの髪飾りがこんなに凝っていたのかと驚いたりでやっぱり劇場プラスDVDで観るのが全てが観られて一番と思えました。




それにしてもDVDを買って良かったと思う一番の収穫は麻子さんとゆうひちゃんのペテン師達の困ったときや慌てる時の細かい表情をアップで観てさすがー!と思いましたが、私的には麻子さんは、ゆうひちゃんとコンビを組んだことで麻子さんの魅力が一層出せたのではと感じ、植田先生の意図は成功したのではと思いました。




« DVDでファンシーダンスを観て | トップページ | 「新たなる飛翔」大和悠河を観て »

宝塚舞台」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ