« 宙組A/L初日の様子より | トップページ | 月組「パリの空よりも高く」はマイ楽でした。 »

2007年3月20日 (火)

あさ・きり・ゆひのトークデラックス

宝塚グラフ4月号の中から興味深いものを拾ってみました。先ず月組公演「パリの空よりも高く」「ファンシーダンス」のトークデラックスは瀬奈じゅんさん・霧矢大夢さん・大空祐飛ちゃんの3人のトークが載っていましたが、本当にこの公演は3人の絡みが多いから舞台はもちろんだけどオフも楽しそうでこういうトークを読むのがいつもよりグッと楽しいです!


3人ともこの公演は初日が元旦だったことで、初日の2日前に通し稽古をして、一日お休みして本番に入られたとかで、いつもよりドキドキ感とワクワク感が強かったらしいですね。麻子さんは客席の空気を感じながらお芝居するのでは随分違うんだなと感じたとか、ゆうひちゃんはアルマンドがジョルジュの頬をぐにーって引っ張るところが、あんなに受けるとは思わなかったとか。


きりやんもゆうひちゃんも結構麻子さんには遊ばれているらしいけどきっと麻子さんいつもと違ったようにやりたいと思っているんじゃないかな。

キリヤンの髪型は植田先生からの注文だったのかー、でもあれだけ逆毛立てれば痛むよねー!キリヤンは段々傷んできたのでいつかかつらにするかもなんて書いてありましたが結局しなかったんでしょう?


兄貴分のアルマンドと弟分のジョルジュの関係については一見ジョルジュがボケに見えるけど実はジョルジュの方がしっかりしていて、それなのにいつもアルマンドから責められるとか…麻子さんはアルマンドは口から生まれた人だからと…二人にペラペラと偉そうに!って言われていました。


ミミの弟ジャンの事にも触れていましたが一番しっかりしていてジャンはミミとギスターブが結ばれれば良いと思っていることから、ギスターブ的にはミミのことはまかしとけー!見たいに…その先にはギスターブ・ラブストーリーね!と皆で想像して話していたり。



ショーはみんなが見せ場があるって話していましたがほんとに今回のショーは麻子さんはもちろんですがきりやんもゆうひちゃんも若手も見せ場があって一人一人を有効に使っていましたね。

そして最後は3組のデュェットで見せ場を作っていて…麻子さんはあそこはもう少し踊って居たかったらしいですね。きりやんは3組のデュェットダンスを躍らせて頂ける事に対する心意気に溢れています。


大階段上で振り返るのは結構難しいんですけどねと。

又ハプニングではきりやんの出早事件とか歌詞を間違えたとかあったとか。

それ以来花道から登場するとき早く出てしまうとかで早く早く!と言うときはギスターブではなく素の霧矢さんだったと。

でもあそこの場面はいつも3人ともすごく笑顔だよねとゆうひちゃんが言えば麻子さんは今回の様に3人が和気藹々とやりとりするのが初めてだから、毎日が新鮮で楽しいね!と書いてあり、本当にファンとしてもこういう関係は見ていて楽しいですわ!



麻子さんは嵐の夜の場面でセリフが思い出せなく、二人が嵐の事言えばいいんだよと教えてくれたけど、いざ舞台に出たら大丈夫だったとか話していましたが、ゆうひちゃんは何とかやるだろうと思っていたけどね。

出来る子やと…麻子さん信頼されているんだなと思いました。



今のこの月組の3人ってすごく何だかトップとか2番手とかと言うよりほんとにトリオみたいな感じでいいなーと思いますわ!

でも同期でありながら麻子さんの下で頑張るゆうひちゃんも偉いと思いますがトップでありながらゆうひちゃんを立て結構気を使っている様子がみえる麻子さんも偉いなーと思いました。

だから上手く行くんじゃないかなと…。今のこういう月組が大好きです。

« 宙組A/L初日の様子より | トップページ | 月組「パリの空よりも高く」はマイ楽でした。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あさ・きり・ゆひのトークデラックス:

« 宙組A/L初日の様子より | トップページ | 月組「パリの空よりも高く」はマイ楽でした。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ