« 月組「パリの空よりも高く」新人公演は | トップページ | 花組おさ・あさ・ふーちゃんの名作の旅 »

2007年3月 2日 (金)

週刊「リビング紙」に瀬奈さんが

今日届いたリビング紙に宝塚月組主演男役・瀬奈じゅん「ペテン師役でしゃべりまくる台詞、日に日にスピードアップし、快感に!」と大きく…さらにパリを舞台にしたロマンチック・コメディ”新鮮さを大切に、月組が挑む”と題して瀬奈さんのインタビューが載っていました。


宝塚「ベルサイユのばら」脚本・演出の植田神爾さんが101作目に書き上げたのが、ロマンチックコメディー「パリの空よりも高く」。この作品で、月組のトップスター・瀬奈じゅんさん演じるペテン師がすごい勢いでしゃべりまくっている。



麻子さんは「そう!早口で台詞を言う事が快感になってきました。(笑)日に日にアップしてますよ!でも稽古中は一度も上手く言えなくて…。


初日はすごく緊張しました。口から生まれたようなペテン師が、早口でしゃべりまくって人をだまして打ち負かしていく感じや駆け引きのおかしさなど、お客様に伝わったら嬉しいです!」



コメディだからこそ出演者同士、綿密な打ち合わせを重ねているのかと思いきや…。



二人(大空&霧矢)とは特に相談とか打ち合わせはしなかったですね。この3人だからこそ“あっ、そうきたらこうしよう”と突然のアドリブにも自然に対応できちゃうんです。(笑)気心が知れているからでしょうか…」と目を細める瀬奈さん。


~省略~
「コメディの舞台は新鮮さを維持することがとても難しい…。それが(今回の舞台で)出来ているのは(月組の)皆が“受け”をねらいにいったりせず、その人物を毎回、真剣にいきているからだと…」とか。


そして白い上着を着た笑顔の写真に添えられた言葉は2005年に月組主演男役に就任。カリスマ的スター性と、笑のセンスがきらりと光るキャラクターの持ち主。と書いてありました。


すごいねー!麻子さん!こんな地方板にまで載るんだー!そういえば最近はリビングでも宝塚のチケットを受付しているのを良く見ますがどんなお席が取れるんだろう? 



ほんとに今回の役は早口で喋り捲るところも人の良いペテン師というところも麻子さんにぴったりな役ですね!


もうかなり慣れて来ているでしょうからそういう意味では大劇場より東宝の方が完璧な麻子さんが観られてお徳ですね!私も近いうちに又観れるわ…風邪も大体治ったし良かった!

« 月組「パリの空よりも高く」新人公演は | トップページ | 花組おさ・あさ・ふーちゃんの名作の旅 »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊「リビング紙」に瀬奈さんが:

« 月組「パリの空よりも高く」新人公演は | トップページ | 花組おさ・あさ・ふーちゃんの名作の旅 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ