« 2006年宙組の遼河はるひさん中心の「パリ祭」を観た。 | トップページ | 月組の「ジャズマニア」を観て。 »

2007年4月12日 (木)

「トークスペシャルin東京」を観て

竹下典子さんの司会で始まったトークスペシャルは月組から移動された彩那音さんと沙央くらまさんのお二人でしたが、二人とも黒系の衣装で現れ、司会の竹下さんも仰っていましたが、お二人とも少年のようで素敵でした。



二人は芸名の由来の事や当時公演中だった、「堕天使の涙」と「タランティラ」の役についてとか、最後のお稽古場の事を話されていましたが、さよならとなる朝海さんと舞風さんに白バラとピンクのバラを一本づつ渡しながら話をしたそうですが、みんなすごい涙を流していたそうで、お二人は緊張していて何を話されたか良く覚えていないと話されていました。




芸名の話では彩那さんは多分彩輝さんから1字頂いたことは想定内でしたが、彩那音の音については当時大好きだった星組の音羽涼さんの音だったと聞き、以外でびっくりしました!



音羽さんについては現役時代は知りませんがビデオなどで観る限りとても素敵な男役さんだったので、そうだったのー!と言う感じでした。



司会の竹下さんもしつこく聞かれ、引き出すのが上手いですねー!



その竹下さんも切れの良いダンスで、シャープな男役さんでしたねと仰っていられました。



沙央くらまさんは鞍馬天狗とは全く関係なくて、ご両親がシェイクスピアの演劇俳優さんだった関係から尊敬する方に頂いたそうです。



沙央さんで面白かったのは新人公演で酔っ払いながら飲み物もこぼしているのにそれを飲んでいるのは可笑しいと言われたそうで、先ほど東京へ向けての課題で話されていた場面がそのまま映されていて客席は大笑いしていました。




彩那さんは雪組に入って雪組の朝海さんから学ばせて頂くことが沢山あって、お稽古場では穴が空くほど見ていたそうです。



沙央さんは彩那さんの事をずっと前から一緒に居たような…と話していましたが帽子の被り方とか踊り方とかカッコ良くて先生に褒められたとか、又すぐ後ろで踊る時はカブって踊ったりしていたとか。



彩那さん中心の映像を観ながらでは、一生懸命エドモンド先生について練習したのに曲を取られ切ないと。



又お二人はCSの司会の事等も話していらっしゃいましたが彩那さんは台本を全部覚えないと司会が出来なかったことに対して、沙央さんは台本は全然覚えられなく、又「宝塚歌劇団」という言葉が言えなかったりしたそうです。



 今回は雪組の未来の若手スターとして期待度の高い彩那さんと沙央さんのトークショーでしたが、月組だった彩那さんは甘いマスクで舞台栄えのする方で私も期待して居る一人です。



沙央さんについてはこれから注目して観ようと思っています。



 そして番組を観て思ったのですが竹下さんて本当に司会者として質問されることを良く考えられていたり突込みが上手く思いがけない返事を引き出してくれたり、上手いなーと思いました。


« 2006年宙組の遼河はるひさん中心の「パリ祭」を観た。 | トップページ | 月組の「ジャズマニア」を観て。 »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トークスペシャルin東京」を観て:

« 2006年宙組の遼河はるひさん中心の「パリ祭」を観た。 | トップページ | 月組の「ジャズマニア」を観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ