« 「スカイステージトーク」は、壮一帆さんと山本浩未さん。 | トップページ | ニュースで「大阪侍」の初日の映像を観て。 »

2007年5月20日 (日)

「大阪侍」ナウオンステージを観て。

「大阪侍」ナウオンステージを観て。


霧矢さんを中心に青樹泉さん・夢咲ねねさん・龍真咲さん・星条海斗さん等によるトークでしたが、きりやんは司会はもちろんだけど役の事やらお稽古場での事などみんなに割り振りながら上手にトークを進めていらっしゃって、さすが上級生って感じでした。



お稽古で苦労した点は大阪弁だそうですが、作品は笑いあり涙ありの楽しい作品だそうで、みんな自分の役を楽しそうに語っていて私自身これからみる舞台だからと言うこともあり、とても興味深く聞くことが出来チケット取っておいて良かったー!と思いました。




石田先生はそれぞれのキャラクターの何処を観ても面白いと仰っていましたがそんな中でこう言う男役さん女役さんがこんな事もするのかと言うところや男と女の恋・親子の話し・兄弟の話し男同士の友情などのスタイルを盛り込んで涙あり笑ありの冒険活劇とか…きりやんが初めて青てんの侍をやるのも見所だそうです…きりやんは自分でやりながら又七の事をなんて煮え切らないんだ!と思うそうです。




ねねちゃんは我侭いっぱいに育ったお嬢さんで又七獲得作戦がすごいとか、ストレスの溜まらない楽しい役できりやんとの愛の場面も楽しいそうです。



ダンスも和洋折衷で皆さんほんとに楽しそうに踊っているし青樹さんは先生にこんな役もできるのかと言うのが今回のテーマと言われたそうで映像からも普段とは違ったもりえちゃんを感じるし…きりやんはもりえちゃんと麻華りんかちゃんに見とれていて何度も出番を忘れるほどだったそうです。




兎に角もりえちゃん扮する数馬ちゃんと衣絵ちゃん(麻華さん)はラブラブで見せ場がいっぱいね!と言われていました。




それに二人が唄う♪二人の並木道と言う曲は大ヒット間違い無しときりやんたちも絶賛していましたが、もりえちゃんは一人でカラオケへ行って練習されたとか…皆驚いていました。



専科の箙さんや未沙のえるさんについてきりやんは出てくるだけで場が締まるし大阪の人情物の味わいが広がると話していましたが…先生は若い出演者を支えながら超個性的な役をしてもらっていると仰っていました。




最後に一言づつの意気込みでは青樹さんはトコトンいちゃいちゃして幸せに暮らして生きたいと。


星条さんは悪の美学を追求したいとか。



まさきさんは常に兄いの幸せと自分のプラスになることを同じくらいに考えているフリーターで居たいとか。



きりやんはこの人もこんな役をするんだという事を観ている人にわかって貰える様にと。



ねねちゃんは二人きりになったときは素の女の子に戻れるようにしていきたいとか。



皆さんの意気込みを聞けてすごく楽しい舞台のようで、早く劇場に行きたい気分になりました。


« 「スカイステージトーク」は、壮一帆さんと山本浩未さん。 | トップページ | ニュースで「大阪侍」の初日の映像を観て。 »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ