« ニュースで大阪侍のお稽古の様子を観て。 | トップページ | 星組「ダルレークの恋」にどっぷりと浸かって~ »

2007年5月16日 (水)

月組全国ツアー「ダルレークの恋」の稽古場レポート

今日のニュースの中で月組全国ツアー「ダルレークの恋」の稽古場レポートがありました。


待ちに待っている全ツ、ダルなので短い時間だったけれどそれぞれが演じる役についてやラッチマンとカマラのあの円形ベットシーンについて・ダンスシーンについて等々色々話が聞けて面白かったです!


楽しそうに笑いながら話している時など良く聞こえなくて、思わずイアホーンにして聞きいりましたよ!



冒頭から麻子さん曰く春日野先生が「宝塚おとめ」に好きな役でラッチマンと書いてあり、そういう意味でもワクワクしながらのお稽古だったとか。


3人ともこの公演は生は観ていなかったんですね!でもゆうひちゃんなんかあのシーンは有名なので知っていたそうです。



麻子さんは役については7年前の場面ではぐれているけど曲がったことが大嫌いで正義感に溢れる役が好きだそうですが、みんなにソッポ向かれても揺るがず自信に溢れているそうで皆にそんなラッチマンが男らしい!と言われていました。



ターバン使いとかサリー使いとかではピーンと張って自分達の緊張感が伝わるよう布使いをして行きたいとか。



面白かったのは円形シーンの最後にみほこちゃんに「ラッチマンが与えたバツです」と言うセリフがあるのですが後ろからタキさんが「私にもバツをください」って言ったとか…それからは地方で何か悪いことをしたらバツを与えることにしたとか(冗談でしょうが)皆笑っていました!


ラッチマンはカマラを好きだったけど諦める…すごい引き際が良くて男らしいですね!


みほこちゃんは久しぶりのお姫様役ですか?と言われていましたが、最後の最後におろかな立場とか捨ててしまった愛に苦しみながら生きると言いながら…身分とか大事なものが二つあるときに、いざ結婚になったときにどっちを選ぶ?と二人に意見を求めたが麻子さんにもゆうひちゃんにも上手く逃げられる。


ゆうひちゃんの役は詐欺師で、でも明るくて悪びれているところが無いところが今までとは違うところだそうで自分でも好きとか…皆はいつでも深刻だけど私は~って言うと麻子さんはゆうひちゃんの歌を楽しそうに唄いだしてこの後は♪勝手気ままな~と言う歌詞で唄っていたような。


インド舞踊はカズミボーイ先生の振付で麻子さんは覚えにくかったそうです。でもスーツで踊ったりするらしいです…プロローグもインドの雰囲気が出せたらいいなーと。


サイコロ投げるシーンはすごいかっこいいらしいですとみほこちゃん。


あっという間に終わってしまうそうで1分しかないそうです…でも終わったらもう息も絶え絶えでフーフーと麻子さんとゆうひちゃんは言っていました。

作品に賭ける意気込み

ゆうひちゃんは役としての出番は遅いけど出てからは繋がっていて舞台に出てからは一暴れして去っていくのが楽しいとか。デュェットダンスがすごい素敵だそうでその場面に出させていただいて唄うのが幸せだそうです。

かなみちゃんはラッチマンとの場面は3つに分けられるそうで
1、愛しているけど断らなければいけない愛
2、うらぎられても惹かれている部分とで立場が逆転する
3、去り際今度は自分が追い求める

愛しているのは変わらないけど愛の変遷を出して行けたらと…そして若さゆえの間違いである上でも艶やかさも出したいとか。


麻子さんとしてはダレレークの恋と言えば円形の場面で皆様が楽しみにしているのならきちんと表現していきたいと。


ミュージカルでなくてレヴューですと酒井先生が仰って物語がすごくあるレヴューだそうです。

お稽古風景は何時のニュースになるのか楽しみにしていますが
私は星組公演のDVDを何回か観ていますが音楽も良いしインドの踊りも素敵で、そしてあの話題のシーンはどんな風に見せてくれるのか、そしてちょっとぐれた場面も楽しみにしています。


月組すごい!若手のダンシングと大阪侍とダルと3手に分かれての公演なんですねー!
皆さん良く頑張りますね!



« ニュースで大阪侍のお稽古の様子を観て。 | トップページ | 星組「ダルレークの恋」にどっぷりと浸かって~ »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ