« 雪組3人のエリザベートゆかりの地であるオーストリアのウィーンの旅を観て。 | トップページ | 大和悠可さんのディナーショー »

2007年5月 6日 (日)

ニュースで雪組「エリザベート」は

ニュースでちょっと観ただけなので感想とは言えないが少しの映像で感じたことは水さんお化粧は綺麗で男っぽいトートに思えました。

意外だったのはとなみちゃんの子供の頃のシシィは余り可愛らしさは感じられ無かったのですが私だけかなー?


お稽古で♪私だけに…は高い声が綺麗に出ていたようなのに、ニュースの中では上手く唄えている場面は観られなく残念でした。


若いのにべるばらでマリーアントワネットをあれだけ上手く演じた人だから、エリザベートも楽しみにはしている。



彩吹さんのフランツはほんの少し唄う場面でも上手さが光ってさすがだった!


そして皇太后ゾフィは…あの強さや貫禄は男役にしか出ないだろうと常々思っていたので、今回の配役を未来さんが演じる事には期待している。



音月さんルキーニは余り力まず演じて居た様に見えましたがどうかな?


とにかく音楽が始まると、これから「エリザベート」が始まるぞー!と言うワクワク感は感じましたが。フィナーレのデュェットダンスはバタバタした感じだけ観たようでえ~っ?でした。



主演男役としてはじめての大劇場での挨拶は、普通に感謝の気持ちを述べられて、その後ちょっとつかえていましたが温かい雰囲気の中で拍手も多かったように思います。

アンコールでは「やりきった感で、まるで新人公演のようで…」と今の気持ちを伝えていらっしゃいました。

宝塚を代表するミュージカルとしてエリザベートがこんなに人気があるのはやはりあの音楽の素晴らしさにあると思う。何度も色んな組で観ているエリザベートであるが、今回も特に雪組ファンではないけれどどんな風に演じられるかが楽しみ。

« 雪組3人のエリザベートゆかりの地であるオーストリアのウィーンの旅を観て。 | トップページ | 大和悠可さんのディナーショー »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ