« 2001年の花組「VIVA!」の映像を観て。 | トップページ | 「歌劇」のお互いを語るに轟さん・春野さん・安蘭さん・瀬奈さん・水さん・大和さん。 »

2007年6月 4日 (月)

花組「落陽のパレルモ」「ASIAN WINDS!」

スカイステージで録画した花組公演をやっと観ることが出来た。


 

劇場で生の舞台を観た時はお席も悪かった所為か「まあまあ良かったね!」と言う感想くらいで終わっていたが今回スカイステージの映像を観ると劇場では判らなかった出演者の細かい表情がはっきりと見え、愛よりも家名の方が大事な時代に愛し合った2人が悩み苦しむ様子が直に伝わってきて新たな感動があり素晴らしい舞台でした!

 

 

 




豪華な衣装や公爵家の居間の装置はいかにも貴族の館らしく、宝塚らしさを感じましたが、作品としても母親を亡くし貴族と言う身分制度と戦いながらも一人の女性を愛し、強く生きた青年将校の人生を戦争を背景に描いたとても宝塚らしい作品だったと思います。

 




最後に父親にめぐり会えて貴族として迎え入れられる人生が待っていた事もサプライズですが、それだけでは無く、貴族の代表として政府に推薦すると言う嬉しい発表で、差別をなくす事を夢見てきたビットリオにとっては時代が変わると言う希望を残してのハッピーエンドで素晴らしかったです!

 




★ショーは前半はアジアの民族舞踊をふんだんにちりばめいかにもアジアを感じさせるショーで途中からは服部良一メドレーなどが盛り込まれ、今までに日本の流行歌などを取り入れた舞台は珍しいと思うが、昭和の時代の懐かしい曲を聞くことが出来楽しい舞台でした。

 

 

 




♪青い山脈や♪カンカン娘・♪東京ブギウギ等聞いているだけで心が浮き浮きしてくる曲が多かったように思う。男役さんが女役として出られたりしていて楽しく、またエイサー!の場面は、はち切れんばかりの若さ溢れるダンスに圧倒されました!が同時にあのエイサー!の踊りは過去の花組みの舞台を思い起こし懐かしくも感じました。

 

 

 




おささんも沢山唄われていて、ファンの方は満喫されたことと思いますが、私的にはおささんは素晴らしい声をしているし、声量と言い伸びやかさと言い、歌手として申し分無く思いながらも~口をはっきり開けて唄われたらもっともっと素晴らしいのにな~と残念な気持ちでいっぱいでした。


 

 

 

 

 

源氏物語「あさきゆめみしⅡ」はポスターを観ただけで観たい気持ちになるが梅田じゃ観れないし…東宝で公演があれば良かったのに~と残念に思う。

« 2001年の花組「VIVA!」の映像を観て。 | トップページ | 「歌劇」のお互いを語るに轟さん・春野さん・安蘭さん・瀬奈さん・水さん・大和さん。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ