« 昨日の夜NHKで | トップページ | 霧矢大夢の「スターロングインタビュー」を観て »

2007年8月18日 (土)

宙組「バレンシアの熱い花」と「宙FANTASISTA」はマイ初日でした。

タニちゃんトップお披露目の宙組「バレンシアの熱い花」と「宙FANTASISTA」を観て。


兎に角トップお披露目と言うこともあり前の宙組の人気スターが去り、それと一緒にファンも去った後の大劇場は席を埋めるのが大変だったようですが、今日の東宝は友の会優先公演と言うこともあり満席でした。あちこちから聞こえてくる評判が今一だったので期待はしていなかったが、お芝居はとても良かったです!


今になって脚本を見るとこの作品は柴田先生の作品だったんですね…ストーリーもすごく判りやすく背景もビジュアルも宝塚らしい演物で良かったです。



スペインのバレンシアを舞台のお芝居はスペイン物だから衣装はもちろんダンスも情熱的で華やかでスペインの様子が良く感じられ音楽も♪瞳の中の宝石 は繰り返し唄われていていて覚えやすく旋律も素敵でとても愛を感じ良かったです!



タニちゃん扮するフェルナンドや周りを囲む人達それぞれの人物像がはっきりと書かれているし女性達の性格までもがはっきりと判りやすく描かれていて、それ故にフェルナンドが父の敵を討った後のイサベラとの別れはつらそうでした!

タニちゃん・ビジュアルは最高に美しくお芝居は公爵としての品の良さを表現しつつ復讐に燃える男を演じきっていましたよ!良かったわー!



ダンスと歌が不評のタニちゃんに付いては…ショーは群舞になるとはどうしても隣に位置する蘭寿さんやみっちゃんと比較してしまって、タニちゃんって姿勢が悪いところがあるのかな?とは感じましたが…。



歌は上手いとは言えないが自信を持って唄っていて良かったですよ!



ようこちゃんのイサベラはフェルナンドを強く愛していながら最後は身分の違いを感じて諦める場面は別れがつらそうで涙が込み上げてきました。ダンスも上手いし可愛いし…ビジュアルは最高のコンビですね!


ラモンの蘭寿は公爵との品格の違いを表現したり、相手にしてもらえないイサベラを心底愛している様子がよく表現できていました。ダンスも上手いし、2番手として頑張っていますね。


ロドリーゴの北翔さんは許婚を奪われた悔しさが強く現れていましたね。



ダンスも歌も上手くて宙組には無くてはならない人と言う感じがしました。

悠未さんのルカノール公爵は悪役として見ごたえがあり貫禄もありました。


あと目立っていたのが七帆君と早霧さんお芝居もダンスも上手くこれからが楽しみです!和音美桜さんは声が綺麗でやっぱり歌では目立つがお芝居はあれで良かったのかなー?


ショーは相対的には宇宙のショーって可愛らしさとか華やかさはあったが音楽が聴きなれない曲が多くダンスも同じような振り付けが多く途中飽きてしまった。



生徒さんは皆さんノリノリで宙組が一つになって頑張っている様子は感じたが友の会優先公演なのに拍手が今一で不思議だった!




前日までものすごい猛暑だったけど、昨日は急に涼しくなって出かけるのも苦にならなく帰りなどは秋風を感じながら帰ることが出来、すごく運が良い観劇日でした!



« 昨日の夜NHKで | トップページ | 霧矢大夢の「スターロングインタビュー」を観て »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 昨日の夜NHKで | トップページ | 霧矢大夢の「スターロングインタビュー」を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ