« カフェ・ブレイクに麻子さん | トップページ | 安倍さんの辞任 »

2007年9月12日 (水)

日生「KEAN」を観劇して

今日、日生を観劇してきました。



劇場に入るまで何の予備知識もなく観劇、ただれおんくんが踊らないと言う事だけは知っていたので、正直言って興味激減、気の進まない観劇だったのですが、幕が上がろうとする少し前に2階席はガラガラで4分の1くらい?3階席はもっとガラガラで前の方のセンター席が埋まっているだけで~もっと驚いたのは、1階のS席2列・3列4列のど真ん中が空いていてどうしたんだろうと思っていたら、




直前に生徒さん6・7人座られ、びっくりしたのですが、蘭寿さん・音乃さん3列には凪七瑠海さん他お二人でした。S席一番前のセンター席には、プロのメイキャップアーティストとしてご活躍の元花組の矢吹翔さん他3人ほどがご観劇でした。





物語はシェクスピアを演じる役者エドモンド・キーンの物語でしたが、私個人の評価としてはストーリーの面白さも作品としての良さも無く轟悠さん独壇場の芝居は余程の轟さんファン以外には観劇の面白さは感じられなかったのではないかなーと思えた舞台でした。




ただあの膨大なセリフを覚えるだけで大変さは感じましたが、あの早口で言うセリフを一度もとちらずに言うところはさすがと感心しました。




唯、早口でのセリフははっきりせず、もう少しゆっくりの方が判りやすいのに…と思ったりもしました。



ロミオを演ずると言うとき20年くらい遅いんじゃないか?と言うセリフにはトドさんの事を言ってるのー?とか可笑しいところもあったが。役の中で柚希礼音さんは踊る場面も無くダンサーとして皆さんが期待している人をこんな使われ方で良いの?と思えたがきっと集客に使われたのかなーと思えました。




そしてハプニングはあの秘密のドアが中途半端な閉まり方をしていたのが気になったのかレオン君が直していました。又贈り物をこすっても直ぐに火が点かず、笑いながらアドリブ言ったりして、お客さんはハプニングが起こった方が楽しいんですね!


★柚希礼音さん…プリンス役を品良くこなして轟さんとお芝居していても見劣りする事無くまあまあ良かったと思いますが、何よりもレオンくんのダンスが見たくてチケット取ったのに残念でした!




★南海まりさん…美しい声・はっきりとしたセリフ・歌とセリフの繋ぎの上手さ・気品どれをとっても素晴らしい出来映えで驚きました!



★蒼乃夕妃さん…お芝居は上手いし可愛さもあって中々良かったです。


★にしき愛さん…今日はすごいとちられて客席からはドッ!と笑が起こっていました。


★彩海早矢…ダンスは目立っていました!

今日は涼しく、帰りは虫の音色の合唱で一日一日秋が近づいている事を感じさせてくれた一日でした。

« カフェ・ブレイクに麻子さん | トップページ | 安倍さんの辞任 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日生「KEAN」を観劇して:

« カフェ・ブレイクに麻子さん | トップページ | 安倍さんの辞任 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ