« ニュースで花組「アデュー・マルセイユ」の初日の様子を観て。 | トップページ | 宙組「バレンシアの熱い花」はマイ楽でした。 »

2007年9月27日 (木)

劇団四季の「ウエストサイド・ストーリー」を観て。

待ちに待った劇団四季の「ウエストサイド・ストーリー」を観て。



映画でしか観ていないあの素晴らしいをミュージカルをどこまで見せてくれるんだろうと期待半分で足を運んだ劇団四季の舞台は、何とお席は一番前!しかもセンター!で劇団四季だからこそ取れた最高のチケットに感謝しつつ、直ぐ目の前のオーケストラで演奏されるミュージカルナンバー一曲一曲の素晴らしさに酔い生のダンスの迫力に圧倒され、興奮の頂点を味わうことができ本当に至福の一時でした!


ストーリーはプエルトリコの若者シャーク団とアメリカの不良グループジェット団の縄張り争いを、歌とダンスで描いたミュージカルですが、ダンスパーティで顔を合わせたトニーとマリアはお互いに惹かれ愛し合ってしまう。


でも二人はお互いに敵同士なんですよ…ココが現代版ロミオとジュリエットと言う感じですね!と言うことで争いに拍車が掛かり決闘により起こる悲劇ですが、



最後の場面は死んだと思ったマリアに会え驚きと喜びの瞬間に撃たれ命を落とすトニー…抱きながら哀しみにくれるマリア…争いに巻き込まれ幸せを一瞬のうちに奪われた二人が哀れで思わず涙が出てしまいました!本当に感動のストーリーです!


この舞台で一番感じた事は日本人もここまで素晴らしいダンスを見せてくれるのかとあの映画に劣る事の無いダンスに感動しましたが、トニーとマリアも素晴らしい声で♪マリア他愛の歌を何曲か聞き、愛し合っている様子をひしひしと感じました。



又シャーク団・ジェット団の一人一人が本当に素晴らしいダンスメンバーで驚きましたが、さらに驚いたのは、なかでもシャーク団の長ベルナルドの恋人のアニタ役の樋口麻美さんの強烈なダンスに惹き込まれ~しばし堪能させて頂きました!


♪アメリカの曲に乗って踊る彼女は表情もテクニックも最高で髪を振り乱し踊り狂うダンスは素晴らしく、色々な場面で素晴らしいダンスを見せてくれる男性陣の中にあっても勝るとも劣らない場面に圧倒されました!



ダンスだけではなくミュージカルスターとしての容姿と素晴らしい歌声にもほれぼれしいっぺんにファンになりそうです! もう一度観たい!と思わせてくれるそんな舞台でした!


劇団四季を観始めてからわずかしか経っていない一年生ファンですがこんなに感動した舞台は初めてでした!

« ニュースで花組「アデュー・マルセイユ」の初日の様子を観て。 | トップページ | 宙組「バレンシアの熱い花」はマイ楽でした。 »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季の「ウエストサイド・ストーリー」を観て。:

« ニュースで花組「アデュー・マルセイユ」の初日の様子を観て。 | トップページ | 宙組「バレンシアの熱い花」はマイ楽でした。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ