« 「TCAスペシャル2004」を観て | トップページ | 月組「タカラヅカ絢爛」の千秋楽 »

2007年9月 5日 (水)

「オクラホマ」を観て。

いくら昔の名作だからって何で今古いミュージカル「オクラホマ」なの?と大して興味は無かったが、一応月組の作品だしきりやん(霧矢大夢)も出演している事だしと言う気持ちで観ましたがやっぱりこう言うミュージカルは♪オクラホマの大合唱などは劇場で観ないと生の迫力は伝わってこないなーと言う印象で終わってしまった…とまあ特別に魅力のある舞台ではなかった様な。

素直になれないカーリー(轟悠)とローリー(城咲あい)が農場の為に頑張っているジャッド(霧矢大夢)と対決して二人が結ばれるまでを描いているが余りにもトドさん扮する持てるカーリーと暗くて持てないジャッドが対照的過ぎて…きりやんいいとこ一つも無い役でこれではきりやんを楽しみに観ていたファンは可哀そう!



やっぱりこの公演はトドさん(轟悠)の為の公演だったんだなーと感じた舞台でした。



唯、越乃りゅうさん扮するエラー叔母さんが時々男役が見え隠れしておかしかった事とか下級生の大勢が役を貰って頑張っていた事は勉強になり良かったのではないかと思えました。



そして城咲あいちゃんがトドさんの相手役を務めている事にもびっくりしましたがあいちゃんは、お芝居は上手いが歌はそれほど上手いクラスではない様に思えたかな。


むしろ夢咲ねねちゃんの方が上手いのでは?と思えました。



青樹泉さん扮するウィルは明るいカウボーイが似合っていました。



それにしても今時ランチボックスの慈善会とか言われても時代が違い過ぎて…。



まあ良い曲があちこちに使われていてそれだけは良かったですね。



そして最後にきりやんのダンスが観られて良かったです!


« 「TCAスペシャル2004」を観て | トップページ | 月組「タカラヅカ絢爛」の千秋楽 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「オクラホマ」を観て。:

« 「TCAスペシャル2004」を観て | トップページ | 月組「タカラヅカ絢爛」の千秋楽 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ