« 2005年の8月星組「ソウル・オブ・シバ」東京千秋楽を観て。 | トップページ | 「アパルトマン・シネマ」を観て »

2007年9月23日 (日)

花組「あかねさす~」の博多座公演の映像

スカイステージ最近観た映像より。



2002年の8月「あかねさす紫の花」の博多座公演…博多へは行って居ないがビデオを買い何度観た事だろう。



そして今CSで久しぶりに観て感じた事は…柴田郁宏先生のこの作品は兄弟で額田女王を取り合うという舞台だったが、観ていて本当に切なさが伝わってくる舞台でした!




今でもあさこさんが切なく唄い~額田~っ!と叫ぶ場面を観ると胸に込み上げて来ます!



大化の改新を背景のこの舞台は月組の「飛鳥夕映え」と同じ時代なのでセリフを聞いていても他の舞台を思い浮かべたりして興味深く、又後の時代の「あしびきの山の雫に」の作品などを観ると繋がりがあり歴史に疎い私でもすごく興味深く見ることが出来る。




そして大和朝廷の頃の衣装とか鬘もほんとに素敵で内容も判りやすく音楽も振付も配役も本当に全てに文句なしの作品だったと思う。




確かこの博多座の舞台はおささんの(春野寿美礼)お披露目公演だったと思うが…この頃からおさ・あさの人気が急上昇したこともありそんな時期での博多の舞台だったと思う。 




又この「あかねさす~」はその後月組で中大兄皇子をきりやん(霧矢大夢)とゆうひちゃん(大空裕飛)が違う劇場で演じていたが、やっぱりおさ・あさが兄弟を演じた博多座公演の舞台が中大兄皇子が兄上としての貫禄もあり一番自然で違和感無く見れたのではないだろうかと思える。







そのおささんももう既に退団が決まっているし、それにこの時出演して居られたあにきも(矢吹翔)みどりちゃんも(大鳥れい)居ない…でもそんな彼女達が外部で活躍している姿をみると何となくうれしくなってしまう。



そして麻子さんはもうトップとして今最高に充実した時期を迎えている…本当に時の流れの早さを感じます。

« 2005年の8月星組「ソウル・オブ・シバ」東京千秋楽を観て。 | トップページ | 「アパルトマン・シネマ」を観て »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「あかねさす~」の博多座公演の映像:

« 2005年の8月星組「ソウル・オブ・シバ」東京千秋楽を観て。 | トップページ | 「アパルトマン・シネマ」を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ