« 月組「MAHOROBA」はマイ初日でした。 | トップページ | 月組「MAHOROBA」と「マジシャンの憂鬱」初日の映像より »

2007年10月 7日 (日)

月組「マジシャンの憂鬱」を観てきました。

月組「マジシャンの憂鬱」を観てきました。



「マジシャンの憂鬱」を観てこれだけ多くの人にシャンドール ・シャンドールと愛され~持ち上げられた役は、麻子さんも初めてだったのではないかしら?と思ってしまったが、



ミュージカルでありながら探偵物でもあり、始めて見る者としては謎めいたストーリーを追うだけでも面白かったが、麻子さんのテーブルマジックもオペラで観る事が出来トランプの広げ方の上手いのにはさすがプロの手ほどきを受けただけはあると思った場面でした!


麻子さん(瀬奈じゅん)演じるシャンドールとかなみちゃん(彩乃かなみ)演じるヴェロニカのような関係って多分初めてじゃないかと思いますが…



初めてこう言う関係の役を演じているお二人が新鮮で、最初はお互いが皇太子から頼まれた事を実行しようとするだけの間柄だったお二人が、特に気の強いヴェロニカとのやり取りの中で、次第に愛を感じていく姿が自然で良くあるパターンだなー!と思いながらも最後は結ばれる事を想像しながら終わる舞台がとっても素敵でした!

 

又今回しびさんが歌の中で♪脅威の男!その上とってもいい男!~と唄って居る様にこの公演の麻子さんのかっこいい事!


正塚先生も複雑で深みのある人間を瀬奈は良く演じてくれたと…麻子さんについて書かれていますが、私も地方公演の「ダルレークの恋」も良かったけどこう言う役もいいなー!と、お芝居も歌も上手くなり男役を極めつつあるなーと一層強い印象を持った舞台でした!



又かなみんも気が強く逆にシャンドールを守る役なんてそれだけで可笑しかったのですが 嫌がって去ろうとするシャンドールを、侍女たちが3人で「エイッ!ヤッ!」とポーズを取って取り押さえようとする場面が、真面目に演じているだけに可笑しくて~客席から笑いが起こって居ましたがこの場面本当に可笑しかったです!


きりやん(霧矢大夢)扮するボルディジャール殿下は、シャンドールとは対照的な役で真面目でシャンドールを心から信頼していて、それ故に何が何でも引き受けてもらいたいと言う気持ちがしつこく感じて逆に可笑しかったです!



きりやんの役はお芝居の面白さを左右する大事な役どころだそうで…麻子さんときりやんのスピーディなセリフのやり取りや間が見ものです!


シャンドールを囲む仲間達が又すごいメンバーでえりさんやゆうひちゃんのやり取りもリアルですねー!


一人下級生ながらシャンドールの仲間の役に抜擢されたまさきさん(龍真咲)は上級生の中に入って緊張されたようですがもう慣れたのか?頑張っていました。




愛犬の行方を当ててしまった故に透視ができると噂が広まってある国の殿下にまで信頼され断っても侍女達に纏わりつかれ結局引き受けざるを得なくなったシャンドール…周りの仲間は心配そうでしたが、でも引き受けてしまった!嘘をついたり憂鬱な日々だったかも知れないけど…経過した過去は全てが解決したときの為にあったなんて…素敵な幕切れでした!



お芝居なのに最後はフィナーレまで付いていて…きりやんがブルーの衣装で踊るダンスも素敵でしたが赤い衣装で踊る麻子さんとかなみちゃんのデュェットダンスも素敵でした!


月組はほんとに唄って踊れる人が多くて観たい人が多くて~!


でも一度では探せない人も居て次が楽しみです!



昨日は友の会の観劇日でしたが拍手が多く、麻子さんたちも客席の笑い声や拍手に押されたのか、すごく張り切っていらっしゃるように感じました。

舞台が終わってから組長さんと麻子さんが挨拶されていました。



今日も麻子さんバージョンの感想でしたm(__)m

« 月組「MAHOROBA」はマイ初日でした。 | トップページ | 月組「MAHOROBA」と「マジシャンの憂鬱」初日の映像より »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組「マジシャンの憂鬱」を観てきました。:

« 月組「MAHOROBA」はマイ初日でした。 | トップページ | 月組「MAHOROBA」と「マジシャンの憂鬱」初日の映像より »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ