« 今日の観劇は、朝4時の地震で目が覚め~ | トップページ | 月組「マジシャンの憂鬱」を観てきました。 »

2007年10月 7日 (日)

月組「MAHOROBA」はマイ初日でした。

月組「MAHOROBA」と「マジシャンの憂鬱」を観て。

魂をゆさぶるショーと銘打ったヤマトタケルの誕生から死に至るまでを軸にした「MAHOROBA」の舞台は、ショーでありながらストーリー性を持った企画自体がはじめての事でしたが評判通り美しい舞台で~和の曲に乗って、時に激しく~時に逞しく~迫力のある舞台に改めて月組の団結力を感じ満足感いっぱいのマイ初日でした。


プロローグの夜明けの場面は麻子さん(瀬奈じゅん)とかなみちゃん(彩乃かなみ)の薄紫の衣装を纏ったオウスとオトタチバナの美しい姿に目を奪われながらも次々と現れる神々も観たいし、結構あっちこっち観るのが忙しかった!


火の国クマソの場面では激しく踊るクマソの男達…あひちゃん(遼河はるひ)・そのかちゃん(桐生園河)以下男役さん達が太鼓の音にあわせ~棒を操りながら一丸となって踊る姿は、勇壮でくねくねとしたフォーメーションが2階席で見ると工夫が感じられて面白い!…この場面やっぱりそのかちゃんの踊りが目立つ!



火の国の男らしく赤い衣装で男達が踊る中を女装したオウス(麻ちゃん)とサルメ(きりやん)とサダル(ゆうひちゃん)が、姫達を取り返そうと激しく戦う場面は…3人は色っぽさも見せながら、でも激しく戦う場面はカッコ良く!




それに大きな瓶を持ってお酒を注ぐ時の麻子さんの顔はニヤッとしてやったぜ!と言うお顔をしたり、表情をオペラで見て楽しみました!

それにしても重ね着で、あの戦いはやりにくかったでしょうね!


その後は太鼓を叩きながら踊る場面は覚えるまでは大変だったろうなーとか思いながら見ていましたが、さすがに本拠地を終えての踊りは素晴らしかった!



武術では何と言ってもきりやん(霧矢大夢)の踊りが美しさと正確な技術にさすがー!と感じた場面でしたが、役者的な表情できりりと締まったお顔が素敵だった!

菅笠風踊りでは鬘や衣装が大和の国らしくて麻ちゃん似合ってるー!と感じたり、オウスとオトタチバナ姫が旅立った後、LEDを使って激しく白い波が飛び散る様子が映されていましたが、すごい迫力を感じました!


その荒波に向かう二人でしたが、この後オトタチバナは海の神の怒りを鎮める為自ら身を投じ波に沈んでいく様子は麻子さんの叫びと共に切なさが胸に込み上げてくる場面でした!


オトタチバナを失った後さらに風の神に邪魔をされ吹雪の中戦うがサルメとサダメが殺される…この場面は必死で戦いながらもオウスが刀を落とし危うい場面がありながらもオウスの為に刀を渡す場面もあったりして結構激しい立ち回りで見ごたえがありました!


大和への想いも空しく命果てるオウスでしたが、最後は鷺に姿を変えて故郷に向かう場面は真っ白な衣装と鬘で美しく総踊りとなり~月組の団結力を感じる場面でした。



今までに取り上げられた事もなかった日本の神話の世界を資料を集められ舞台化された謝先生の努力と、宝塚への熱い想いが伝わってくる舞台でしたが、月組の皆が難しい三味線に合わせたり、小道具を使った踊りは、いろいろご苦労を感じた舞台でした!

沖縄らしい曲や日本的な要素の踊りも全てが素晴らしく男はより男らしく女はより女らしさを感じるショーで、本当に素晴らしいショーでした!

この舞台は何度か足を運ぶとより楽しさが判るのでは~と思いました。

« 今日の観劇は、朝4時の地震で目が覚め~ | トップページ | 月組「マジシャンの憂鬱」を観てきました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組「MAHOROBA」はマイ初日でした。:

« 今日の観劇は、朝4時の地震で目が覚め~ | トップページ | 月組「マジシャンの憂鬱」を観てきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ