« 宙組・全ツ「バレンシアの熱い花」初日の映像を観て。 | トップページ | 星組「コパカバーナ」を観て。 »

2007年11月 3日 (土)

映画「3丁目の夕日」

先日「続3丁目の夕日」の撮影風景の放送を観ていたので出来れば前編を見たいと思って居たら昨日直前になって放送がある事を知り、あわててパソコンを止めて見ることが出来ました。見始めて驚いたのはあの昭和の風景…上野駅も懐かしいまま、そして集団就職の電車が到着するホーム迄、もちろん小道具から行きかう人々の服装迄全てが昭和の姿のまま!昭和に生きた自分としてはまるで昭和にタイムスリップした感じでした!…最近映画でこんなに泣いた事は無かったですが、集団就職の学生だった六ちゃんや親に捨てられた淳の介を通して茶川や鈴木オートの人達が貧しい生活の中でも助け合いながら他人を思いやる気持ちや逞しく生きていく姿に心から感動しました!

ストーリーの中で感じた事は鈴木オートの主人役の堤さんがろくちゃんを怒る所はすごかったですねー!ろくちゃんも茶川さんもどうなるのかと思いましたが、あの場面があるからその後で少しづつ優しく感じられほっとしましたが…。又茶川も最初は冷たい態度だったけど純粋で心の優しい淳之介と次第に気持ちが通い最後は親子の様な気持ちになっていく様子が切なくて涙が止らなかったです!あんなに自分だけ食べて行くのがやっとの貧乏小説家が、一番頼みにくい鈴木オートの社長に借金し、クリスマス・プレゼントを買ってやりたい気持ちになっていく…でもそんな大変なおもいで買った万年筆も父親らしき人の出現で別れなければならなくなった時置いていってしまうなんて…涙…涙でしたよ!又茶川とひろみに対して箱だけのプレゼント…でも指輪をはめた気分で喜ぶひろみが何とも切ない気もちにさせられますね!
偉いなーと思ったことは、母親に合いたいと言う淳之介の言葉を聞いて二人で高円寺まで行く場面は、帰りの電車賃も無くてどうなるのかと…なるほど良いお守りで良かった!
可笑しかった事もありましたよ!テレビが届いたとき、あんなに大勢の人達が押しかけて…当時はあんな感じだったんですね。それに作業着の鈴木社長がワイシャツにネクタイ姿で居るのが何とも可笑しくて…
茶川と淳之介の再会は突き放しても突き放しても離れず…あそこはやっぱり一番の感動場面でした!そして鈴木オート一家がダットサンでろくちゃんが乗ってる汽車を追いかける場面に夕日が!…素晴らしいラストでした!いやー久々に素晴らしい映画を観させてもらいました!続も絶対見たい!続は何時観られるだろう…。

★泣きじゃくり  お守りで知る  母の愛  

« 宙組・全ツ「バレンシアの熱い花」初日の映像を観て。 | トップページ | 星組「コパカバーナ」を観て。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「3丁目の夕日」:

« 宙組・全ツ「バレンシアの熱い花」初日の映像を観て。 | トップページ | 星組「コパカバーナ」を観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ