« NHKに天海祐希さん | トップページ | 星組エル・アルコン-鷹」のナウオンを観て。 »

2007年11月17日 (土)

1月「ベルサイユのばら」かしちゃんオスカルは

2006年の1月公演「ベルサイユのばら」はわたるくんのアナウンスから始まりましたが、わたるくんも(湖月わたる)、かしちゃん(貴城けい)も既にOGとなられた今、何となく懐かしさを感じる舞台でした!

べるばらは色々あり前にも書いたけど、このマリーアントワネットとフェルゼン編はバスティーユが回想場面となっていたり随分変わってきている。

私はメルシー伯爵がフェルゼンを説得する場面の後のわたるくんの唄う♪アンドゥートロァの歌が好きなんですが一番好きな場面は一幕のラストの長いセリフの場面です。


~愛するが故に何処までも耐える愛・身を引く愛・男と女に関係なく人間としてひたすらつくす愛・それらを全て包み込む大きな愛~私を慕ってくれた人は白ばらの様な人・命を掛けて愛してくれた人は紅ばらの様~♪面影は今も熱く~この場面は何度観ても涙が出ます。


そして馬車の場面は男らしくて何度観てもカッコイイ!…この時の♪風を切り~雲を切り~の曲も良いんですよね!


かしちゃんオスカル…軍服を着ているときは男らしく演じ、今宵一夜は美しく可愛らしく女性らしさを感じる…そんな風にオスカルを演じ分けていてさすがでした!

オスカルがせり上がり唄う場面は声は男でしたが奇麗でしたね!


今宵一夜は良かった!かしちゃんは女らしく!とうこさんはおとこらしく感じましたよ!

とうこさん(安蘭けい)アンドレは全体的に結構男らしいアンドレだったかな。

白羽ゆりさんのマリーアントワネットはゆっくりなセリフからは品の良さや優しさ・そして母となっては強さも表現していて、この役はとても似合っていたと思います!


花祭りの場面で真ん中で踊っていた柚希礼音くんはやっぱり上手い!

その他専科の汝鳥さんや美沙のえるさんはやっぱりお芝居が上手いですね!…メルシー伯爵がフェルゼンを説得する場面はすごい熱が篭ったセリフに圧倒されます。

フィナーレの大階段で踊る男役の格調高い燕尾の群舞が良かったなー!

役替わりなのでかしちゃんの挨拶は…湖月さんフェルゼンと安蘭さんアンドレに大きな心で私のお芝居を受け止めて頂き…と。


わたるくんの最後の挨拶は…かしちゃんオスカルとは今日でお別れですが、可愛いかしちゃんオスカルが皆様のお心に深く息づいていることと確信しています…明日からは頼もしいきりやんオスカルに登場して頂き…と挨拶されていました。


これから役替わり放送全部放送してくれるみたいだから楽しみだけどこの舞台は2時間40分も掛かるから…録画してあっても中々観れないのである。

HDD
が残り少なくなってきてしまったが、あ~ぁ~早くディスクに移さないと…。

★男役  美男は美女に  早替わり

★お前もか 船場吉兆  暖簾下げ

 

« NHKに天海祐希さん | トップページ | 星組エル・アルコン-鷹」のナウオンを観て。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月「ベルサイユのばら」かしちゃんオスカルは:

« NHKに天海祐希さん | トップページ | 星組エル・アルコン-鷹」のナウオンを観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ