« ミーマイ生中継は | トップページ | 天海祐希さん主演の »

2008年3月 4日 (火)

「ユタと不思議な仲間たち」を観て

劇団四季の秋劇場へ行ってきました。



「ユタと不思議な仲間たち」は前にテレビで観て劇場で観てみたいと思ってチケットを取りました。



今日の主役はテレビに出演されていた田邊真也さんでは無く藤原大輔さんという方でしたが弱弱しさが感じられて都会の青年らしい感じがしました。又歌も上手く良かったと思います。



今日は中学生でしょうか?大勢の団体さんが観劇でしたが、このストーリーはいじめられた生徒が座敷わらしたちに助けられ徐々に強くなっていじめをした生徒達とやがては仲良しになると言う心温まるお話ですが…




座敷わらしたちは悲しく辛い運命を背負いながらも座敷わらしとなって明るく強く見えない世界で生きている姿がまるで歌舞伎役者のお化粧のようだったりオムツを着けて何ともいえないおかしな身なりで~面白可笑しく明るい舞台をみせていますが「生きているってそれだけで素晴らしい!」と教えてくれていて最後の方は感動で涙が溢れました。


ストーリーは重く辛いテーマをユーモアを交えながらの舞台で人生の様々な事を教えられます。


ストーリーも素晴らしいですが個人個人のダンス力・歌唱力がすごい!兎に角迫力があって圧倒されます!やっぱりテレビで見たときより生で観た今日の方がダンス場面は圧巻でした。

色んな見せ場がありましたが、まず幕開けからユタがいじめに遭う場面はすごいんですよ!寄って集ってのいじめはちょっとタイミングを外したら怪我をしてしまいそうだけれど完璧にお稽古されているのでしょうね~この場面ちょっと驚きでした!




そして座敷わらし達の自己紹介がすごい!皆さん芸達者な人達ばかりで一人一人の歌に感動でした!

又座敷わらしたちがいたずらして起こる野外でのお勉強の時間は笑わせてくれて面白かったです!



さらにユタと5人の仲間たちが宙で舞う場面はまるでサーカス…宙で揃って舞う姿が見ものでした!あの場面は素晴らしい!最後にユタがいじめていた連中と戦い勝つまでのダンス場面は迫力があって素的でした…まるでウェストサイドを思わせてくれる場面でしたわ。

最後に皆が客席に降りて一緒に唄ったり楽しいひと時でもありました。やっぱり暖かいストーリーっていいですね!何だか嵌ってしまいそう!



お席は前から2列目センターの通路でしたがお席が良いと感動も大きいのかなと思えました。

前回のテレビでの感想はこんなもんでしたが↓

http://sizendaisuki.cocolog-nifty.com/kosumosu/2007/11/post_34ca.html

« ミーマイ生中継は | トップページ | 天海祐希さん主演の »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ユタと不思議な仲間たち」を観て:

« ミーマイ生中継は | トップページ | 天海祐希さん主演の »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ