« 2005年月組「エリザベート」 | トップページ | 月組「ミー&マイガール」千秋楽の様子を観て »

2008年5月 5日 (月)

2005年の月組公演「エリザベート」東京千秋楽を観て。

2005年の月組公演「エリザベート」東京千秋楽を観て。

本当にこの公演は何度もリピートしてみたエリザベートでした!

瀬奈さんのエリザベートを最初に観た時は、どんなにかドキドキしながら観たことでしょう!

今思うとよくぞ挑んだと言う言葉がぴったりだったような気がする。

しかし良くぞあそこまで高い声が!とか…まあ歌の指導も大変だったろうけど、あんなに唄えるとは…本人もかなり努力したと感じたし、こんなにも可愛いシシィが出来るなんて!とか驚きがいっぱいのエリザベートでした!

さらに鏡の間の美しいエリザベートや又ルドルフの死後、自分を責め悲しみに暮れるエリザベートを観て涙が込み上げてきたり、夜のボートでは落ち着いた晩年の皇后の姿を見せてくれたり…皇太子妃としての一生を演じ、女優・瀬奈じゅんを見せてもらいました。

スカーレットを経験しているとは言えスカーレットの気の強さを演じるには男役が向いていた…しかしエリザベートは…確かに今までのエリザベートとは違い大柄だったかもしれない…だからこそ逆に血の通った人間らしいエリザベートを感じる面もあった!

物珍しさや好奇な目で観ていた人も多いと思うが麻子さんは…初めて組替えになった時の事を振り返り、女役として何も出来ない自分をさらけ出したのが良かった…と後になってお稽古場での事に触れていましたが…良くぞ恥ずかしさに耐え頑張った!と褒めてやりたい気持ちでした…思いもよらない役に挑戦したことで将来に向けての引き出しを増やし自信を増したのではないかと思えた作品でした。
以上瀬奈さん中心に書いてしまいましたが…。

エリザベート瀬奈さん…最初に観たとき女性の声こんなに出るとはびっくりでしたわ!最後、彩輝さんと昇天する場面は幸せそうでしたね!そしてフィナーレのデュエットはすっかり女で色っぽかったですよ!

トート閣下の彩輝さん…劇中・歌はバイブレーションが気になったがビジュアルは良かった!優しいトートでしたね。フィナーレを観ていてダンスは上手いとは言えないがさよならショーのオスカルは綺麗でしたね~!

ルキーニ・霧矢大夢…力まずに自然に自由なルキーニを演じて居ましたがあの笑いはすごいね!

フランツ初風緑さん…この人歌は上手いし前半は優しいフランツそして後半は特にルドルフに対しては厳しいフランツだったような気がしました。

ゾフィ・美々杏里さん…歌は上手いが迫力に欠ける…やっぱりこの役は男役が良いと思った。

ルドルフ・大空祐飛さん…同期で親子場面は意識して観てしまったが、ほんとにこれ以上生きていても仕方がないという悲壮感や絶望感を感じました!

全体ではミルクの場面とウィーンのカフェの場面のアンサンブルが素晴らしかったです!

今となって観ると退団された組長だった夏川ゆらさんを初め嘉月絵理さん・光樹すばるさん・月船さららさん・紫城るいさん・楠恵華さん・紫水梗華さん・椎名葵さん・麻月れんかさん・等のお顔も見れて懐かしく感じたり、大空さん・北翔さん・彩那さん・白華れみさん・真野すがたさん・白鳥かすがさん・夢咲ねねさんと多くの人が組替えになっていて驚きました!

「エリザベート」のDVDも買っているのにブログに書いてない…あっそうか~判った!ブログ始めたのはDVD買ったのより遅いからだわ。でもちょっとだけ書いたのがあったので↓

 

« 2005年月組「エリザベート」 | トップページ | 月組「ミー&マイガール」千秋楽の様子を観て »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年の月組公演「エリザベート」東京千秋楽を観て。:

« 2005年月組「エリザベート」 | トップページ | 月組「ミー&マイガール」千秋楽の様子を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ