« バウ「武蔵野の露ときゆとも」 | トップページ | 中国の地震で思うことは »

2008年5月16日 (金)

雪組「天守に花匂い立つ」を観て

今まで杜さんの作品は「忠臣蔵」や「華麗なるギャッツビー」と数えるほどしか観ていない私なのですが今回録画してあったのでどんな作品か確認しようと観ている内に結局最後まで惹き込まれて観てしまいました。

加納真之介役の杜さん歌も上手いしお芝居も上手いしカッコ良かったですよ~!銀橋で唄う杜さんを観ていて余りの色男ぶりに思わず声を掛けたくなるほどでしたが観終わって感じた事は時間的に短く纏めながらも侍の道を捨て自由に生きたい兄と兄の言うとおり真面目に家督を継ごうとする弟…その弟に起こった一大事を救う兄の兄弟愛などを盛り込んだストーリーは、上手く一路さんと言う2番手を生かしてさすが柴田先生の作品と感心しました!又寺田先生の曲も素的な旋律で作品を盛り上げていたように思います。タニちゃんが憧れていただけあるな~!と改めて杜さんを見直しました!そう言う杜さんはとっくに芸能界では女優さんなんですけどね。

ゆき役の鮎ゆうきさん…可愛かったですよ!
加納家・父親役は箙かおるさん…厳しい父親、でも最後はやっぱり優しい父親で貫禄でした!
他に出演は高嶺ふぶきさん・鈴鹿照さん・藤京子さん・轟悠さん・海峡ひろきさん・美月亜耶さんなどでした。

« バウ「武蔵野の露ときゆとも」 | トップページ | 中国の地震で思うことは »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「天守に花匂い立つ」を観て:

« バウ「武蔵野の露ときゆとも」 | トップページ | 中国の地震で思うことは »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ