« 田原総一郎さんの番組で | トップページ | じゅりのどんだけGO!GO!5 »

2008年5月 9日 (金)

月組「暁のローマ」新人公演を観て

2006年の7月に行われた月組の新人公演「暁のローマ」を観て。



この作品自体が余り好きではない作品で…それは曲はロック調だけれども歌詞が単調な言葉の繰り返しが多く何この歌は?と思えたり…軽いセリフが気になって居ました。


所々女は~と言うセリフからは男尊女卑的な考え方がちらちらと見え~木村先生らしいなと思えた作品ですが、その新人公演…結局最後までは観れなかったのですが、下級生達はみなさん一生懸命演じて居ました。



中でも特に良かったのが星条海斗さんのカエサル…力まず自然な演技で、轟さんとはちょっと雰囲気が違っていた様に思いました。しかも貫禄も出ていて上手かったですね~!歌が上手いし、堂々としているし将来は大物を感じました!


龍真咲さんのブルータスは悩み苦しむ様子は感じられ上手かったけどしぐさがまるで麻子さんのコピーだったのが残念!もう少し自分なりのブルータスを見せて欲しかった!


ボルキアの白華れみさんは綺麗だったけど歌はもう少しでしたね。兎に角この役は本役さんが歌上手な人だったから…。


ゆうひちゃんが演じたカシウス役を白鳥かすがさんが演じていましたが、言葉がはっきりしていて気持ちが良かった!やっぱりセリフをはっきり言うのは基本だからね!今はそれだけで充分…きっと伸びる人と思いました。



クレオパトラの夢咲ねねさんは綺麗だけど歌はちょっとでしたね!もう星組みへ行ってしまったけれど。最後まで観ていないので明日海さんについては判らないが多分この人は憎まれ役は似合わないんじゃないかな?



まあご贔屓の組の本公演で観た舞台を新人公演で又観る事が出来て楽しかったです!そして懐かしく拝見させていただきました。

« 田原総一郎さんの番組で | トップページ | じゅりのどんだけGO!GO!5 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 田原総一郎さんの番組で | トップページ | じゅりのどんだけGO!GO!5 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ