« 雪組「天守に花匂い立つ」を観て | トップページ | 月娘役が決っていました! »

2008年5月16日 (金)

中国の地震で思うことは

朝の放送では昨日の段階でまだ何も食べるものが届いてないとか…被災地の人達が怒っている様子や瓦礫の下に埋まった家族を泣き叫びながら探している様子が放送されていて思わず涙がこぼれましたが、そんな時急遽日本に対して支援を要請してきた中国政府は全国民が一致団結しても時間との戦いの中では国内だけでは無理と判断したらしい…日本は待機させていた救助隊を昨日と今日あわせて60名の国際緊急援助隊を派遣されたと言うニュースを見てほっとしました。
韓国政府も被災地に44名の救援隊を派遣するとか、各国で支援が広がっているよう…日本の国際緊急援助隊の第一次部隊が今日地震被害地に到着し活動を始めたと放送をしていましたが、成都から活動現場の青川まで400キロの道のりを7時間かけて到着したと言う。普通ならば7時間も走り続けたら疲れて仕事にはならないところだが救助隊の人達は到着して休む間もなく活動を始めていました…本当にお疲れ様です!と言う気持です。

普通瓦礫の下に埋もれた場合、72時間が生死を分ける時間だとか、今日はもう4日過ぎているがそれでも救援隊の一人は「一人でも生きていると信じて頑張ります!」と言葉少なに作業現場へと向かっていきました。

これだけの被害の様子では復旧はいつになるのか、そして費用はどのくらい掛かるのかとりわけ四川省には低い層の人達が住んでいるらしいが、そんな中で家や家族を亡くした人達に対して生活して行けるまでになるにはどの位の期間が掛かるのか、3ヵ月後にオリンピックなどやってる場合ではないのではないだろうかと思えてならないのです…こんな風に考えるのは私だけだろうか?

« 雪組「天守に花匂い立つ」を観て | トップページ | 月娘役が決っていました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪組「天守に花匂い立つ」を観て | トップページ | 月娘役が決っていました! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ