« 「むかしむかしゾウがきた」を観てきました。 | トップページ | WOWOWでアンコール「スターの小部屋」を観て。 »

2008年8月27日 (水)

星組「スカーレット・ピンパーネル」を観劇

東宝「スカーレット・ピンパーネル」を観てきました…とうこさん(安蘭けいさん)主演では一番良かったんじゃないかな~!
ストーリーも良かったし、曲も良かったし、唄う主演メンバー達が皆上手かった!衣装も装置も言う事なしで見応えのある一本物でした!

フランス革命の最中、伯爵親娘を救い出すところから始まっていましたが、ストーリーも知らずに観た私は運び出す時ばれるのではないか?と最初からハラハラドキドキしながら見入っていたのですが、ピンパーネルの首領パーシーが革命派のショー・ブランと駆け引きしながら貴族たちを救おうと仲間を増やし連携し王子を救い出したり同士である妻の弟を救い出したりする舞台は常にハラハラしながらストーリーに引き込まれた舞台でした。

最後の戦いでショー・ブランに勝ったと思った瞬間、ショーブランの応援に駆けつけた兵士達が銃を向けもう駄目かと思ったら…何と応援の兵士達は全員パーシーの仲間だったなんて!何と言う逆転に次ぐ逆転でびっくりしました!…と言うわけで最後のシーンはスリルと痛快に満ちた逆転劇で面白かったですね~!

今回のとうこさんはピンパーネルの同志達から慕われ尊敬されると言う今までにない正義の味方の役どころでファンの人達は善人のカッコイイとうこさんが観られたのではないかと思いますが…パーシーの行動に疑問を抱きながらのマルグリットの行動や、マルグリットを挟んでパーシーとショー・ブランとの探りあいも面白く、変装したグラバンを何時スカーレット・ピンパーネルと見破る事が出来るのか?…最後まで飽きる事無く安蘭さん主演としては久しぶりに面白い舞台で楽しめました!

変装したグラバンが自分を見抜けないショー・ブランを馬鹿にしたようなおかしなセリフで言うのが可笑しkったですね!

今回は沢山のフランク・ワイルドホーンさんの曲が使われていてとうこさんもあすかちゃんもれおんくんも皆さんが一曲を歌い上げる~と言う感じで唄っていらっしゃいましたがとうこさんの唄う曲の中では♪ひとかけらの勇気~は良かったですね!癒し声で上手いし安心して聞いて居られたのですが他の曲では感情は今ひとつ伝わらない部分もありました。
パーシー役は余裕があり良かったのでファンの方も満足だったのでは?

あすかちゃんは美しい女優役はぴったりでしたね!
パーシーに対しては愛の強さや疑いの心を表現しショーブランに対しては烈しい憎しみを表現し、その感情の激しさからは女優として生きながらも女闘士として活躍した強さを感じました。歌は高い声は出ていましたがスムーズに唄えていなく声が途切れ途切れに聞こえてしまう…唯、銀橋でパーシーを思う気持ちを唄った時は感情が篭っていて良かったです!

れおんくんは初めての悪役とか…結構凄みを感じたり男らしく感じ成長したれおんくんが見られましたよ!フィナーレの男役のダンスでは真ん中で男役を引っ張って、これぞダンスのれおんくん!でした。歌は銀橋で、マルグリットとの過去を想い唄った♪君はどこに~は感情が篭っていて声も良く伸びていて素晴しかった!

今回の星組公演はバスティーユ広場で民衆達の唄う♪マダム・ギロチンのシーンには恐ろしさも感じますが星組の団結心が感じられるアンサンブルは素晴しくさすが小池先生の作品でした!

フランス革命を背景にスリルとサスペンスに満ちた物語は痛快で、宝塚らしい華やかさも十分に感じる舞台で、もう一回観てみたいと思うほど充実した内容と音楽の素晴しさで満足感を感じた舞台でした。

« 「むかしむかしゾウがきた」を観てきました。 | トップページ | WOWOWでアンコール「スターの小部屋」を観て。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組「スカーレット・ピンパーネル」を観劇:

« 「むかしむかしゾウがきた」を観てきました。 | トップページ | WOWOWでアンコール「スターの小部屋」を観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ