« 2004年霧矢大夢さんのDS「Sweet&Chic」を観て。 | トップページ | 北島康介さんおめでとう! »

2008年8月13日 (水)

E2で「大坂侍」を観て

月組の「大坂侍」は劇場で観て私好みの作品だったので放送を楽しみにしていたのに続けて観れなくて…E2で録画したハイビジョン映像の「大坂侍」を今日やっと続けて一本観れました。

この作品は丁度日本が変わろうとしている頃の舞台でともすればもののふの暗い生き方が軸と成るところを又七とお勢ちゃんの恋の行方に焦点を当てて浪花人情話の様に明るくちょっと切ない舞台に仕上げているところが大衆的で肩がこらなくてちょっと松竹新喜劇の様で良かったですね~!

演じている人達も大坂チャチャチャ!~などノリノリで、きりやん(霧矢大夢)が唄う♪もののふは~などは歌詞も良いしメロディーも良くて辛さが伝わってきたり、そんな主題歌の全てが良かったです!

今回のきりやんはもちろん持てる良い男を演じているし、鬘も似合うし紋付に日本刺しと言う同心姿も良く似合って一幕の終わりなどは歌舞伎役者の様に良い男っぷりでしたよ!(ちょっと褒めすぎかな?)石田先生が霧矢大夢でしか成立しえない…作品と感じて頂ければと…書いてあり、正にそんな感じでしたね~! 脇もベテランで面白味を出しているしとにかく皆が適役でした。

プロローグからあの調子の良い曲に皆が生き生きと楽しそうに唄ったり踊ったり…又色んな面白い場面も…それはやっぱり石田先生の演出の上手さを感じましたね!
その上男の友情や親子の情愛も・兄弟愛・武士道もしっかりと描かれていて脚本も良い!音楽も素晴らしく、演じる人がぴったりで…とくればそりゃ~もう文句なしでしたわ!きりやんて日本物が似合いますね!

脚本家がいつもこんなにぴったりのあてがきに書いてくれていたらと思ってしまいました…私って単純かな~?

http://sizendaisuki.cocolog-nifty.com/kosumosu/2007/06/post_a456.html

« 2004年霧矢大夢さんのDS「Sweet&Chic」を観て。 | トップページ | 北島康介さんおめでとう! »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E2で「大坂侍」を観て:

« 2004年霧矢大夢さんのDS「Sweet&Chic」を観て。 | トップページ | 北島康介さんおめでとう! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ