« 和音美桜さんが出演のイゾラベッラ・コンサート | トップページ | WOWOW「宝塚プルミェール」 »

2008年8月21日 (木)

朝海ひかるさんのメモリーズ

コムちゃん(朝海ひかるさん)の「Morninng Bright」を観ました。


コムちゃんの過去を回顧する形の番組でしたが、入団から卒業まで出演された色々な舞台の中で、涼風真世さんのお披露目公演「ベルサイユのばら」で初舞台だったコムちゃんの入団当時のロケットのお稽古風景や口上の様子を見ると早くから注目を浴びて居られた事を感じましたが、インタビューを受けるコムちゃんは消え入るような小さな声で答えられていてちょっと可愛いコムチャンが見られたりしました。


花組みへ配属されてから下級生のころの作品では新人公演の「ブラックジャック」の影をやった事とか、新人公演はもちろん本公演でも80年の運動会や「哀しみのコルドバ」や「LAST DANCE」「ダンディズム」「ハイペリオン」又「Ryoma」では沖田総司…この頃はまだ声が女っぽいかな…。


サザン~ではミキさんと妖しい踊りを踊られたり「失われた楽園」「君に恋してラビリンス」など。「ザッツ・レビュー」ではおささんと一緒だったり、「ブルー・スワン」と結構ミキさんと一緒に出ていましたね。


ダンスの上手いコムちゃんは女役に使われたり真矢ミキさんのお相手として踊られたり活躍が観られました。


花組みから宙組へ組み替えになってからは新生宙組の要員として香港公演へ参加されたり、活躍されたようですが」「シトラスの風」では大変だったようで宝塚人生の中でも結構体力的に大変な作品だったとか。


宙組から雪組みへの異動は同期性がいたこともあってかワクワクする気持ちだったそうですがここでも役替りだったり初めての主役で大劇場の真ん中に立ち大劇場の大きさを実感されたそうです。


コムちゃんって良く女役の機会が多いけど私的には女役も可愛くて素的ですよね!「SAY IT AGAIN」では成瀬こうきさんとのやりとりは二人とも男に成りきったセリフで良かった!


バウ「The Wonder Three」では同期の3人と唄ったり、「アンナカレーニナ」ではアンナ(紺野まひるさん)に恋する青年将校も良かったし、「愛燃える」の正義感溢れる呉賦の役も良かった!「Rose Garden」や「追憶のバルセロナ」「On Tha th」もありましたね。ここら辺の舞台は自分も生で観ていますが全ツの「再会」やっぱりここら辺からぐっと男役らしくなって来たようですね!


「華麗なる千拍子」ではパイナップルの女王はすごかったですね!直ぐ目の前で迫力を感じました!



一問一答は色々な質問に答えられていてコムちゃんの心の中を覗かせてもらいました。

そして雪組み男役に就任されてからは毎日毎日が時間との戦い・覚える事の戦い・仕事との戦いで、時間に追われる日が続いたそうです。でも多くの人に出会い、その人達から受ける愛情や優しさに救われながら、お陰で幸せな日が送れて良かったと振り返っての言葉でした。


そして雪組み男役に就任されてからは「春麗の~」から始まり「Joyful!!」や「レコラージュ」「アプローズ~」への特出・そして「Romance de Paris」は王妃とクラブの支配人が王妃に手助けしていく中で思わぬ恋へと発展していく様子が宝塚らしく素的な舞台で、自分もこの作品は大好きです。


2004年の特別公演の「あの日見た夢に」はコムちゃんの素的なダンスと黒い世界で生きながらも優しさや正義感が感じられ周囲から愛される役に惚れ惚れしました!


「青い鳥~」も暖かい作品でしたが「霧のミラノ」も良かったですね~!


そして何といってもコムちゃんと言えば「ベルサイユのばら」のオスカルは男として生きながらも場面場面で覗かせる女らしさがコムちゃんにぴったりで最高でした!


2006
年の「アルバトルス~」はかなりチケット難だった様ですが、まだ見ていない私としては来月スカイステージでの放送を楽しみにしています。最後の「堕天使~」と「タランテラ」は蜘蛛が大嫌いだったりするので好きではないので…余り観ていないのですが…最後の舞台なのにもっと考えて欲しかったです!


2006
1030日の大劇場千秋楽の楽屋入りの様子が映っていましたが雪組みの生徒さんやファンの方に迎えられ手作りのガウンを着せられたりしながらも嬉しそうなコムちゃんでした。

楽屋の中までカメラが入っての様子はこんな時しか観れないので映像で観られるだけでも嬉しいですね!


さよならショーは♪我が名はオスカルから始まりデュェットメドレーではコムちゃんとまーちゃんの素的なデュェットの様子・そして大階段から男役陣を引き連れてのダンスなど退団する人達を中心に唄ったり・♪ロマンス・ド・パリの主題かも良かったですね!いつまでも別れたくない様子が感じられた作品でした!



最後に白いコートに身を包んだコムちゃんは♪風の様に~を唄いながらペンライトで送られ・紋付緑の袴で大階段を降りられたコムちゃんはさっぱりとした挨拶で別れを告げていました。暖かさが感じられる風景でした!

他にBS2でロマパリ

http://sizendaisuki.cocolog-nifty.com/kosumosu/2006/12/post_f6e3.html

 

« 和音美桜さんが出演のイゾラベッラ・コンサート | トップページ | WOWOW「宝塚プルミェール」 »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝海ひかるさんのメモリーズ:

« 和音美桜さんが出演のイゾラベッラ・コンサート | トップページ | WOWOW「宝塚プルミェール」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ