« 2000年花組「ザビューティーズ」を観て | トップページ | スカイステージ・トークは、初風緑さんときりやん »

2008年9月12日 (金)

劇団四季「ライオンキング」を観劇

今日「ライオンキング」2度目の観劇でした。


劇場内は学生さんで賑わっていました。

今日の出演者は
ラフィキ…金原美喜  ムファサ…内田圭
ザズ…岡崎克哉    スカー…金森勝
ヤングシバ…成瀬翔太 ヤングナラ…森本芽衣
シェンジ…玉井明美  バンザイ…大塚道人
エド…朝隈濯朗    ティモン…黒川輝
ブンバァ…福島武臣  シンバ…飯村和也
ナラ…江畑晶慧    サラビ…松下沙希

出演者名を書いても王国リポートを見ながら、そして写真を見ながらの感想です。

ラフィキ…素晴しい歌声と貫禄でした!シンバを王国へ帰るよう説得する場面には圧倒されます。


そしてこの場面のアンサンブルも素晴しく感動の場面でした!


ムファサ…父親としての貫禄とやさしさが感じられ良かった!歌も上手いですね~!


ザズ…何処までも王様と息子シンバをフォローして正義感のとりさんですね。
スカー…王様の弟君なのにハイエナと組んで悪巧み…憎まれ役を見事に演じてとても憎らしく演じていましたね!


ヤングシンバ…ほんとに可愛くて賢そうなシンバでダンスも上手かったですよ!


ヤングナラ…メスライオンだけど強いんですね!シンバはいつもたじたじでしたね。

ハイエナさん達(エド・シェンジ・バンザイ)…嫌われ役な上に動きが活発で大変な役ですね!あの顔が恐ろしくて気持ち悪かったです!


ティモンとバンパァ…結構優しさも感じたり面白かったですよ!


ナラ…賢そうでしっかり者と言うイメージでした。

全体的には動物達の動きが面白くて、特にチーターの動きが感情が感じられて面白くて観ていて飽きませんね!


装置ではヌーが押し寄せてくる場面は迫力を感じました!


ストーリーも良かったしどの場面もアンサンブルが素晴しく盛り上げていましたね。


暑い日でしたが劇場内は涼しくてお友達にも喜んで貰えてお喋りもできて楽しい観劇でした。

« 2000年花組「ザビューティーズ」を観て | トップページ | スカイステージ・トークは、初風緑さんときりやん »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

tomoさんこんばんわヽ(^o^)丿

気分がすぐれない理由は多分韓国ドラマも普通に観れなくなったからではないですか?
お気持ち良く解りますよ!ファンミは今日だったのですか?
tomoさんとしては取り止めにされた理由は違うでしょうけど、イ大統領のあんな発言の後では、とても行けば良かったなんて思えない気持ち良く解りますよ!
メールでぐち?良いですよ!いくらでも聞きますよ!
「ライオンキング」は2回ほど見て居ますが、良く解りましたね!
「ライオンキング」は好きですね~!ストーリーも色々人間社会と似て居たり教えられますし、若いシンバが叔父の意地悪を克服して、仲間に助けられながら尊敬する父の様になる姿に感動します。
それに動物達の動きも面白いし、大人も子供も一緒に楽しめる作品ですね!

アィーダは宝塚では観て居ますが、物語が余り好きでは無く観て居ません。

エルトンジョンについては分からずコメしようが無くてごめんなさいo(_ _)o
四季の皆さんは歌は上手いですよ!皆さんプロ根性を持っていて私は観る度にさすが選ばれた人達と感心します。
ご主人様については詳しく存じ上げなかったのですが、メールでいろいろお聞かせくださいね。

tomoさんもうコメるのは引退しようと思って~なんて寂しいですね!
ま~気が向いた時にコメする。気が向かなければしない!これで充分ですよ!そんなに堅苦しく考えないでね(*^_^*)
tomoさんは日舞習っていらっしゃるからそれだけでも贅沢ですよ!その上tomoさんだけの振付なんてすごいですね!
ずっと頑張って続けられるといいですねヽ(^o^)丿

余り全てにレス出来なくてごめんなさい

個人的な事は又メールで教えて下さいね(^.^)/~~~

またまたすみません。二度目のコメで間違いがありましたので訂正します。エミー賞ではなくグラミー賞でした。ずいぶんたってふと気がつきまして・・・でも自分で気付いただけましでした・・・最近、あちこちで間違いを多くやらかしてまして・・・もうコメるのは引退しようと思ってます・・・エミー賞って小説とかの部門でしたっけ?それもわからないような状態の私でして・・・
最後になりますが、「Circle Of Life」のエルトンバージョンは日舞の楽曲として使っています。これは家元の先生に振付依頼して、世界に一人、私だけの踊りとなっております。ほかにも私だけが使用権を持つエルトン楽曲の踊り2~3作品あります。私の唯一の贅沢が自分だけの作品があることです(笑)。

いのさんは「ライオンキング」を二度観劇されているのですね。エルトンファンの私が一回しか観てないのは問題だわね。いろんなことが片付いたら観に行こうかしら・・・・
今まで一回しか観なかったのは、本場ブ゛ロードウェイキャストのCDを聴いていて、四季の歌唱力はやはり本場のようにはいかない・・・という先入観を持ってしまったからで、四季の皆さんも十分すばらしいのに・・・ごめんなさい。
わたしのメルアドcircleoflifeを使ってるのよ、亡き夫のお墓にも「Circle Of Life」と刻みました。
イ・大統領竹島問題以前のまだ元気だった頃の私は、スケジュール今年いっぱい入れて詰まっているので「ライオンキング」は来年にでも・・・それまでに憂鬱を吹き飛ばしたい・・・いのさんコメント欄使わせていただきありがとう。おわり

つらい心境の中で、エルトン・ジョンの話題をダシにして、すこしでも気持ちを明るくしたい私なので、お許しください。
「アニメ」ライオンキングでエルトンが音楽担当に選ばれ、アニメのOSTはビルボード一位を獲得。エルトン自身の歌もOSTに三曲入っていて、「愛を感じて」「サークルオブライフ」の二曲がヒットしてます。「愛を感じて」はアカデミーで最優秀主題歌賞、エミー賞でも最優秀ヴォーカル賞になりました。
私がエルトン・ジョンに嵌ったきっかけはまさに「愛を感じて」を偶然聴いて知ったからで、それまで洋楽には縁の無い人生でした。だから英語の復習をしましたわよ。「アイーダ」ではトニー賞最優秀作曲賞に輝きました。「ライオンキング」一回なのになぜ「アイーダ」を二回観たのか?
「ライオンキング」では音楽にアフリカンテイストを加えるため他の作曲家が加わっていますが「アイーダ」の音楽はエルトン色のみだからで、実際、エルトンファンは「アイーダ」のほうを好む傾向があります。
とはいっても「ミュージカル」ライオンキングはトニーの作品賞獲得なのでどこをとっても素晴らしいことはまちがいないですよね。つづく

こんにちは。最近どうも気分がすぐれません。本日は韓国ソウルでソジンさんファンミがある日なのですが、行かれたファンの方々を羨ましく思うものの、「自分も行けば良かった」という気持ちにはついになれませんでした。原因はいろいろあるのですが、そのうちメールでグチをきいてね。
どうしてライオンキングのコメント欄にコメっているのか?それは私がエルトン・ジョンフリークだからで、普段観劇をしない私が観たミュージカルだからです。
「ライオンキング」一回、「アイーダ」二回観てます。「アイーダ」一回目は初演の大阪まで一泊二日で同じエルトンファンのお友だちと一緒に。
「ライオンキング」と「アイーダ」、サーエルトン・ジョンとサーティム・ライスの共作ということはあまり知られていませんね。つづく

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季「ライオンキング」を観劇:

« 2000年花組「ザビューティーズ」を観て | トップページ | スカイステージ・トークは、初風緑さんときりやん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ