« チケット申し込み雑感 | トップページ | 今日の国会 »

2008年9月30日 (火)

宝塚スターの小部屋から

アンコール「宝塚スターの小部屋」の今回は…1996年4月久世星佳さんのお披露目舞台の「CAN CAN」と「マンハッタン不夜城」を取り上げ久世さんと風花さん お二人のトークの様子を拝見しました。


久世さんはトップになられての事や楽曲について・又質問ではお二人の行って見たいところなど聞く事が出来ました。



映像の途中82期の初舞台口上の場面が映されていて何と何と蘭寿さん・涼紫央さん・紺野まひるさんが口上を述べられるシーンを偶然にも観る事が出来て、こんな入団間も無い蘭寿さんやすずみんの初々しい姿を観れて感動してしまいましたわ!

 

蘭寿さんは中学2年の時に初めて宝塚を観て最初は憧れだけだったけど高校3年の最後に受験されたとか…入団して初めてのお稽古に参加された時の様子や口上についてなど・又将来はスケールの大きな伸びやかな舞台人になりたいと語られていましたが、初舞台のころからしっかりしたイメージを感じました。


 

最後の新人公演「剣と恋と虹と」で主演をされた湖月わたるさんが映っていましたが、わたるさん若~い!


お稽古場の風景やら舞台の様子・最後の挨拶などが観られましたが、いや~わたるさん良かったですね~!解説の通り絶賛の舞台だったろうな~と感じながら見入っていました。

 

質問で行って見たい所を聞いていましたが、その当時わたるさんは一人暮らしを始めたばかりの時で兎に角一刻も早く帰りたい気分だったことなど話していらっしゃいました。

 

一路真輝さんの大劇場最後の日の様子が映されていましたが楽屋入りで組子の先導で手作りの車に乗せられ大照れしながらも白いスカーフを首に巻かれたりファンに見送られて楽屋入りする姿が観られました。



続いてサヨナラショーも少し映っていましたが「歌こそ我が命を」で次々と熱唱される様子や最後の挨拶をされる様子が観れました。


 

番組の終わりの頃に何とわたるさんがゲスト出演され真織さんとのトークでは…リバースで新曲を書くのにカフェで歌詞を書いて居られるお話や、


宝塚に在団中は当たり前すぎて有り難さに気付かなかったと言う宝塚の良さを真織さんと語られ気持ちが一致したようで異口同音に辞めた人にしか解らないと…お気持ちを語っていらっしゃいました。


卒業すると皆さん同じ気持ちなんだな~と今の宝塚に対しての気持ちが聞けて良かったです。

 

このスタコベって色んな昔の舞台を取り上げてもうOGとなられた方の事や現在主演級で活躍されている生徒さんの若かりし頃を沢山観られて面白いな~と思いました。 

« チケット申し込み雑感 | トップページ | 今日の国会 »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚スターの小部屋から:

« チケット申し込み雑感 | トップページ | 今日の国会 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ