« 松竹新喜劇が観て見たくて | トップページ | 日生「グレートギャッツビー」千秋楽の様子 »

2008年9月23日 (火)

アンコール「スターの小部屋」は

宝塚アンコールスターの小部屋は…今回は1996年3月に行われたエリザベートの様子が放送されていましたがトート役の一路さんやエリザベート役の花総さんのコメントや又高嶺さんさん・轟さん香寿さんの3人のトークでも歌の難しさなどが語られ大変さを感じました。

 

又初日公演終了後に行われたパーティの様子などが観られて初演の舞台が作られるまでの大変さや皆さんの意気込みを感じてすごかったんだな~と今はもう居ない人たちではあるけれど良い舞台をアンコールで取り上げてくれてスタコベって中々良い番組だな~と思えました。

 

トート役の一路さんは…すごく冷たい部分と色気のある部分と男でも女でもない部分があり、それらをほとんど歌で表現するのが大変と。

海外と日本の舞台を比較して日本のバージョンは常にエリザベートの愛を求めてエリザベートが近づいてくるのを待つと言う辛抱役的だけれど、海外のは強引なところが大きくそこが違いとか、待ち続ける歌が宝塚バージョンで新しく増えた事・何もかもが初めての状態だった事など今までに経験をしたことのない取り組み方で大変さを語っていらっしゃいました。



 

エリザベートに使われている曲について…これだけウィーンでオペラやオペレッタが盛んな国でどうしてここまで若者に支えられてロングランをしているか…一番は音楽の質と言うか色んな曲が上手い具合にミックスされていてそこが一番の魅力と話していらっしゃいました。



一路さんや高嶺さんはいつも唄っている分がちょっと増えた位だけど今まで唄った事のない人達までも全てが唄っている所が今までと違うとか、そして代役についても、もし喉が潰れてしまった時のことも考え代役の練習がすごいんだそうです。

 

初日の公演終了後パーティが開かれ、音楽のシルベスタ・リーヴァイ氏は、宝塚の実力は世界でも最高峰にある事や一路さんの人を死の世界に誘う雰囲気により現実味を感じた事等。又脚本家のミヒャエルクンツェ氏は死は男でも女とも言えない中性的な役なので宝塚に向いている。



一路さんの魅力は唯一言…彼女の死を観たら私も死にたくなった!それに尽きますと語っておられて絶賛の様子でした!


一路さんそのコメントを聞いて笑っていらっしゃいましたがお綺麗でしたね~!


私も映像で一路さんの舞台は拝見していますが歌も上手いしお声も癒し声で素晴しいトートでしたね~!



その他パーティの中で小池先生やマンガ家の森川さん・作家の氷室さん・演劇評論家の後藤田さんなど色んな分野の方の批評が聞けましたが、みなさん宝塚としてこれ以上はないと言う位に死の存在感が出ていたとか、死の側から歴史とか現実を見るという形で、小池先生の素晴しい部分が全部出たとか、宝塚ならではのアレンジが素晴しかったとか、そして一路さんについてはみなさん絶賛のお言葉を頂いていましたが一路さんご自身も初日の挨拶で宝塚生活の卒業公演がエリザベートで良かったと挨拶されていらっしゃいました。



 

今日エリザベートが宝塚のドル箱と言われる作品になったことを思うとこの初演に関わられた人達のご苦労は大きいものがありますね~!

 

私も最初にお友達からビデオをお借りして観た時は死が人を愛するなんて…と言う気持ちで観ていたので何だかピンと来ませんでしたが、


トートはエリザベートの心だったのではないかと言う一路さんが感じる言葉を聞いてなるほどな~!そう思って見ると大変興味深く観る事が出来次第にエリザベートの作品に惹かれて行きました。


それからは各組のエリザベートの公演の舞台にも興味を感じて嵌ってしまいました。

 

この番組を観て改めて舞台とは違う一路さんのオフの映像も観れて今更ながらですが
卒業後活躍される方ってやっぱり違うな~と見入ってしまいました。

 

番組の最後の方で新人公演で挨拶されている人達を観ましたが皆さん若かったですね~!そして挨拶もどれも感動でした!

 

« 松竹新喜劇が観て見たくて | トップページ | 日生「グレートギャッツビー」千秋楽の様子 »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンコール「スターの小部屋」は:

« 松竹新喜劇が観て見たくて | トップページ | 日生「グレートギャッツビー」千秋楽の様子 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ