« 1996年の星組「パッション・ブルー」を観て[ | トップページ | 月組「夢の浮橋」特集ページ »

2008年10月23日 (木)

「こだわりアラカルト~失恋~」を観て

今回のこだわりアラカルトは失恋…観始めたら星組のダルレークの恋の…ラッチマンとカマラの別れの場面…きっぱりと別れを告げるラッチマンに追いすがるカマラ…悲恋なのにラッチマンのセリフに共感している自分…この場面好きだったのでそのまま見入ってしまいました。


次は?と思ったら花組「ザッツ・レビュー」真矢みきさんがお千ちゃんに振られる場面…真矢みきさん…東北弁のセリフ頑張ってましたね!全くこんなに好きなのに気がつかないって鈍感!と言われてもしょうがないですね!この場面はお千ちゃんじゃなくても女性なら誰もがじれったい気持ちなんじゃないかな~と思えた場面でした。


「パリの空よりも高く」ではゆうひちゃんが花売り娘のかなみちゃんミミに告白の場面…でもミミは逆に瀬奈アルマンドが好きと告白…ゆうひちゃんあっさり振られる場面でした。


「琥珀色の~」ではクロードとシャロンがマジョリ湖で琥珀色の雨を見ようと列車に乗ろうとする寸前に婚約者が現われシャロンはクロードに偽りの愛想尽かしをして列車に乗らずに分かれる場面…この時の若葉ひろみさんのシャロンは高級娼婦の感じが良く出ていますね~!


「カステルミラージュ」良く覚えていないけど囲われていた社長?(わたるさん)に別れを告げる場面…わたるさん切なそうに唄っていますね~!


「タカラヅカ絢爛」ではタニちゃんと麻子さんが失恋を交替で酒瓶持って酔っ払いながら踊る場面…この時の麻子さんのダンスもみんなと息がぴったり合って素的でした!


「悲しみのコルドバ」はどうして結婚できないかを問いただす場面…今回エリオは峰さん…いつもは安寿さんのエリオしか観ていないですが、この場面のエリオが嘆き悲しむ場面は心に残っています。



まだまだありましたね~「落陽のパレルモ」や「ホテルステラマウス」の親が決めた婚約を解消する場面で水さんの「後悔したまま俺の横に座るな~!」のセリフがいいですね~!


「二都物語」でチャールズの結婚式の横で切なく唄う麻子さんカートンの失恋場面

「アンナ・カレーニナ」のコムちゃん(朝海ひかるさん)が気も狂うほどに踊るダンス場面…青年将校がどんどん落ちて行く見ているのが辛い作品でした。


「愛するには短すぎる」ではとうこさんがあすかちゃんに振られる場面でしたが…この時のとうこさんちょっと3枚目的な役でしたが友達としては中々良い友達だったのでは…。


失恋場面ばかり色々観れましたが結構好きな舞台が多くいつもの「こだわりアラカルト」よりも興味深く観れました。

 

« 1996年の星組「パッション・ブルー」を観て[ | トップページ | 月組「夢の浮橋」特集ページ »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「こだわりアラカルト~失恋~」を観て:

« 1996年の星組「パッション・ブルー」を観て[ | トップページ | 月組「夢の浮橋」特集ページ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ