« 月組スカイレポートは | トップページ | 劇団四季の「解ってたまるか!」を観て。 »

2008年11月21日 (金)

2000年、愛華みれさんの光源氏など~源氏物語色々です。

宝塚の名作にスポット当てた番組でしたが、今回は過去の「源氏物語」や「あさきゆめみしⅡ」に焦点を当て前編では源氏にゆかりの深い登場人物について、

 

後編では源氏が愛した女達にスポットをあて映像を映しながら紹介していました…

丁度「夢の浮橋」で宇治十帖の編の公演にあわせて時期的にもぴったりだった事や春日野八千代さん・八千草薫さんや有馬稲子さん三鷹恵子さんに南悠子さん・神代錦さんそして琵琶で活躍の上原まりさんなど有名なスターの名前がゾロゾロと出て来て大変興味深く観る事が出来ました。


源氏物語について詳しく知らない人でもなるほどこれを観れば少しは理解できたかな気分になる番組で面白かったですよ!

扮装ポートだけでしたが、春日野先生の光源氏が見れましたよ!綺麗ですね~!


1981
年源氏が生涯憬れ愛した女性藤壺の宮に上原まりさん(高い声でたった一言でも上手いですね~!)…けれど禁断の恋~父桐壷帝の妃・義理の母親とは言え藤壺の宮と源氏の君の歳の差はわずか5つ…ひゃ~今回初めて知りましたわ!


禁じられた恋に落ちていく二人…1989年の映像は剣幸さんとこだま愛さん2000年は大鳥れいさんは藤壷と紫の上の二役でした…解説が上手いですね!

 

光源氏は1981年の榛名由梨さん・1989年の剣幸さんそして2000年のあさきゆめみしは愛華みれさん…さすが皆さん美しいお方でした。


頭の中将
…左大臣家の御曹司・源氏が都を追われ須磨で仮住まいをしていた源氏を訪ねて来てくれたのが頭の中将(匠ひびきさん)生涯の友でありライバルでした…とこんな風にとても判りやすい!

1989年 左大臣汝鳥伶さん・右大臣未沙のえるさん・


惟光役は
スターへの登竜門1981年は大地真央さん。そして89年には涼風真世さん…なるほど皆さん大スターさんでしたね!


桐壺帝…藤城潤・藤壺が生んだ若宮との対面の儀式・1989年には麻月鞠緒さん~光源氏と藤壷の子を抱く映像が流れて…桐壺帝は源氏をこよなく愛していた、しかしその父を裏切る源氏の胸中は?


朱雀帝
…優しく気弱な右大臣方の帝・源氏のお兄さんは楓沙樹さん


冷泉帝…源氏と藤壷の不義の子は桜一花さん

剣幸さんは源氏の君と柏木の二役涼風真世さんも
惟光と夕霧の二役でした。

1989年には天海祐希さんの柏木そして2000年の柏木には伊織直加さん・夕霧には瀬奈じゅんさん…愛華さんと親子なんていい役でしたね!


…因果応報女三宮と柏木の不義の子、この子が宇治十帖の主役薫だそうで…なるほど~と思いました…薫はそれが心にあって女性に積極的になれないのですね!


紫の上
…幼い少女を自分好みに育てたのが若紫…ただの可愛い少女ではなく、永遠の憧れ藤壷の姪に当り面影が似ていたからだそうです。物分りが良い女性だったそうですが誰よりも愛されながらも一人のものにすることは出来なかったと苦悩も映されている。


六条の御息所と葵の上
の女の戦いもすごいですね~六条の御息所の生霊が葵の上に取り付いて殺されてしまう…紫の上にも取りついたんですね~。


朧月夜
…自分の気持ちに正直の女性・源氏の兄朱雀帝に愛されながらも自分から誘う~この時代の女性にしては発展的…この関係が原因で源氏は須磨に流される…にも
関わらず都に戻ったあともこの関係を続けるそうで…解説はいい加減にせ~や!ですって(^o^)


明石の上
…あさきゆめみしでは水さんが演じられましたね~!ちい姫にふずき美世さん…生みの母と育ての母・同じ男性を愛した女性として葛藤しながらも心許しあう二人。息もぴったりと言われていましたがそう言えば水さんと大鳥れいさんは同期ですね~!


柏木…
光源氏は息子同様に目を掛けて来た柏木と女三宮との恋を知ってしまう~これぞ因果応報…源氏の犯した罪が帰ってくる。


2000
年の新人公演の模様も観れましたが、・蘭寿とむさん・彩吹真央さん・壮一帆さん・舞風りらさん・ふづき美世さん・彩乃かなみさん等が出演…今や娘役さん達は皆さん卒業されてしまわれましたが男役さん達は皆さん2番手?


あさきゆめみしの一番の見所~紫の上が息を引取る場面はこの舞台の一番の見所…源氏(愛華みれ)の悲痛な叫びの中おささん(春野寿美礼さん)の時のすだまが現われ終わりを告げる。

おささん(春野寿美礼さん)は梅田芸術劇場公演のあさき~の光源氏は良かったですね~!

最後の白い衣装で舞うタモさん(愛華みれさん)とみどりちゃん(大鳥れいさん)の美しい場面はいかにも宝塚を感じる場面でした!


源氏といえば聞こえは良いし、美しい舞台ではあるけれど不義の恋やら正室が居ながらの恋やら次々と相手を変えての恋物語…良く宝塚で公演してきたな~と言う感じがしないでもないが…でも源氏物語って複雑だけど色々判ってくると面白いですね~!

 

 

« 月組スカイレポートは | トップページ | 劇団四季の「解ってたまるか!」を観て。 »

スカイステージ2008年以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2000年、愛華みれさんの光源氏など~源氏物語色々です。:

« 月組スカイレポートは | トップページ | 劇団四季の「解ってたまるか!」を観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ