« 中山さんと真琴さん | トップページ | 「TCAスペシャル2007」を観て »

2008年12月22日 (月)

年忘れ喜劇祭りを観に行ってきました。

初めての新橋演舞場…この歳になって新橋演舞場へ行くのが始めてなんて~ちょっと恥ずかしい気持ちだけれど…一度藤山直美さんの生の舞台を観てみたかった!



そして今日それが実現…劇場の中は設備が整った素晴しい劇場でした。



お客さんは宝塚よりはぐ~んと年齢層が高い感じがしましたが華やいだ雰囲気は何処も同じでした。



直美さん主演のお芝居は寛美さんを思い起こさせてくれるほど芝居の間の取り方が上手くてやっぱりあの笑いに引き込む上手さは父親譲り…あの若さでの人気の程が伺えた舞台でした。




毎年行われているらしい年忘れ喜劇まつりのようですが、私は今回が始めて…今日の演目は「夜明けのスモッグ」と「浪花の夢 宝の入船」の2本立て。



昼しか見ては居ないけど主演の直美さんはどちらも半端じゃないセリフ…それも昼だけじゃなく昼夜別仕立ての興行なのだとか…芝居も上手いが元気でパワフルで舞台根性もすごい!さすが芝居の神様です!




「夜明けのスモッグ」は…路上で親の悪口を言われ頭にきた天涯孤独のホームレスが私にだって親は居るといって友達から借りた写真を親と嘘をつき見せた事で社長の娘に間違えられその社長の家で住むことに~派手な服を着せられてつぶやく言葉は「私って大矢正子~?」だったりホームレスの癖が出たり…ストーリーに組み込まれた面白さ+直美さんのギャグやアドリブが最高で、警官と直美さんのやり取りも社長と秘書のやり取りも社長宅で住む様になってからも可笑しくて笑いの連続!




今もまだ小島秀哉さんや小島慶四郎さんらが出演されていて沢山笑わせてくれました!懐かしい・やっぱり松竹新喜劇って面白い!の印象を改めて強く感じた舞台でした。




「浪花の夢 宝の入船」では日本物…近江の田舎から出てきた娘役の直美さんは薄汚いボロ着姿でいつもお腹をすかせている役…ご飯をご馳走になりながらの会話では2杯は2杯でもお茶碗と船との違いで大変なことになったり、結果的には直美さんは福の神だったようで倒れそうになった相場師を助けると言うお話でしたが客席は笑ったり泣いたり…今でも変わらぬ新喜劇の面白さで年忘れの名に恥じぬ喜劇の名舞台でした!





« 中山さんと真琴さん | トップページ | 「TCAスペシャル2007」を観て »

その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年忘れ喜劇祭りを観に行ってきました。:

« 中山さんと真琴さん | トップページ | 「TCAスペシャル2007」を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ