« '96TCA「メロディース・アンド・メモリーズ」 | トップページ | ソロモン流を見ました. »

2008年12月14日 (日)

最後の「篤姫」を観て

「篤姫」…今日で終ってしまいましたね…今日の「篤姫」は沢山の感動がありました。
何と言っても母親や兄との十数年ぶりの再会でしたが、母親役の樋口可南子さんは涙ボロボロでしたね!
天樟院は娘の頃の心に戻って甘えたお顔になられていました。
又薩摩の頃よりずっと想い人であった小松帯刀との別れは熱いものを感じました。
最後だからでしょうか多くの人が天樟院を訪ね初回から観ていたものに取っても懐かしい気持ちになりました。

女性が主演の大河ドラマは珍しいですが、すごい視聴率だったそうで…特に女性からの反響が圧倒的に多かったそうですが、宮崎あおいさんも篤秘の生き方に憬れの気持ちを持たれたそうでやはり命を掛けて大奥を守ろうとする凛とした姿がカッコよく観る者の心を捕らえられたのではないかしらね。
ほんとにいつも節々において判断する時など偏る事無く両方の言い分を聞いたり、迷った時には心で感じたままにと…母親の言葉を折々に心に留めて人生を進んでこられ、正義感の強いお方だと思いました

多くの人から愛され尊敬される人だったようで観ていて気持ちが良かったです。
毎週日曜の夜は楽しみに観ていましたので今日で終ってしまうと思うとちょっと寂しい気持ちです。
いや~篤姫役の宮崎あおいさんはもちろんですが、小松帯刀役の瑛太さん・そして和宮役の掘北さん他皆さんお上手で役に成り切られてお若いのに立派でした!
徳川幕府の最後・そして激動の日本において西郷吉之助や大久保正助が活躍した頃を観られた事・又大奥の華やかな女性たちの生き方の中にも厳しいしきたりなど知ることが出来・衣装や立ち振る舞い、言葉使いなども興味深く見ることが出来素晴しい大河ドラマでした。

« '96TCA「メロディース・アンド・メモリーズ」 | トップページ | ソロモン流を見ました. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の「篤姫」を観て:

« '96TCA「メロディース・アンド・メモリーズ」 | トップページ | ソロモン流を見ました. »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ