« 8チャンネル・ヘイへイヘイ! | トップページ | 「夢まつり宝塚’94」は »

2008年12月10日 (水)

「愛と青春の宝塚」を観にコマ劇場へ行ってきました。

今回がファイナルの舞台となった新宿コマ劇場へ行ってきました。


もちろん歌もダンスも長い宝塚生活で培った技量と貫禄が充分に感じられた豪華な舞台でした。




最後にわたるさんは代表で「小林一三先生がお建てに成られたコマ劇場の最後の舞台に出演できる事に深い縁と幸運を感じます…」と挨拶されていらっしゃいましたが、その情景はまるで卒業の頃にタイムスリップしたかのように鳴り止まぬ拍手とスタンディングでコマ劇場の最後を飾るに相応しい舞台となりました。





真ん中ではないけれど運良く8列で観る事が出来、チケット取れて良かった~!観れて良かった~と言う気持ちで一杯になりました。





全体的には兎に角元気なリュウタンでしたがトップとして下級生から憬れられるリュウタンは自信と誇りを持ち楽屋裏で下級生に接する時は気丈なリュウタンだったり、戦時下では下級生に気遣う責任感旺盛な優しいリュウタンだったり、色々ななリュウタンを見せてもらいましたが、最後に寮生達に別れを告げ自宅へ帰る途中焼け野原となった街で影山先生と出会い、まさかの愛の告白シーンは感動で客席からはすすり泣く声が聞こえて…




片思いとばかり思っていた影山先生に求婚されて嬉しさいっぱいのリュウタンの可愛らしいこと!急に女っぽくなる様子に客席からは笑いが起きたり、その姿はまるでわたるさんと被ってしまいましたが…。





わたるさんはハスキーな声で感情篭めて唄われたり、フィナーレのダンスは卒業時と変わりなく魅力的で惹かれました!




その他タッチー役の貴城けいさんは最初は男の子ぽい雰囲気で演じられ最後の方は女性として海軍中尉である速水に熱く想いを寄せる雰囲気が感じられて良かったですよ!



かしちゃん歌も何曲か唄っていましたが上手いしダンスも上手いしさすがでした!




トモ役のみどりちゃん(大鳥れいさん)は…言葉からは突き放した言い方からはやけっぱちの心を感じたりやはり悩み抱える人を良く表現できていたと思います。




ベニ役の映美くららちゃんは兎に角元気で周りを明るくしようとする気持ちが感じられました…この役がぴったりでしたね!





今回の配役は
影山先生…石井一孝さん  
海軍中尉・速水悠介…本間憲一さん
雪組男役トップ(リュウタン)…湖月わたるさん
雪組・橘伊吹(タッチー)…貴城けいさん
雪組娘役トップ・星風鈴子(トモ)…大鳥れいさん
宙組娘役紅花ほのか(ベニ)…映美くららさん
オサム…佐藤アツヒロ





その他大勢の元タカラジェンヌの方が出演されていましたがダンス場面を見ても誰もが現役時共に学んだ仲間と同じ舞台に立てる喜びを感じながら踊って居られるようで…



又お芝居中の早替りにも驚きましたがこれらも現役時代に培ったわざと根性で失敗もなく、早替りできることに喜びを感じている様にさえ思えた舞台でした。




又随所に曲が挿入されていましたが外部の石井さんや本間さんも素晴しい唄いぶりで舞台を盛り上げていらっしゃいました。




戦時中の大変な時期を命よりも恋よりも~と熱い心で宝塚を護られたタカラジェンヌ達が居たからこそ今がある…そのタカラジェンヌを演じられることに喜びを感じながらの舞台が本当に熱く見応えがありましたが…卒業生が活躍している様子が観られて嬉しかったです!

« 8チャンネル・ヘイへイヘイ! | トップページ | 「夢まつり宝塚’94」は »

その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「愛と青春の宝塚」を観にコマ劇場へ行ってきました。:

« 8チャンネル・ヘイへイヘイ! | トップページ | 「夢まつり宝塚’94」は »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ