« 「忘れ雪」の初日の映像 | トップページ | 月組を観劇してきました。 »

2009年1月15日 (木)

「歌劇」創刊1000号は

今月の「歌劇」は創刊1000号とか内容もお正月のポートレートとか月組「夢の浮橋」「Apasionado!!」の舞台写真も満載・又月組大劇場の楽屋取材も沢山載っていて随分読みでがありそう!と思っていましたがまだ読んでいなくて…舞台写真を載せての解釈付きはもちろんでしたが楽屋取材で瀬奈さんの言葉やきりやんの言葉を読んでなるほど~とこれからの観劇にはとても参考になり嬉しい取材でした。

 

「夢の浮橋」について…薫は浮舟を大君の代理として想いを寄せて居たことは判っていたが浮舟もその想いを拭えずに居る…そんな浮舟の心を察し語り合ううちに匂宮は次第に心を奪われて行くんですね。

 

「歌劇」の中で瀬奈さんは匂宮の気持ちについて「光源氏と紫の上の姿を見てきて、人を本気で愛する事を恐れている匂宮、けれど浮舟と出会い真実の愛を知ってそこから一歩前へ進んで行きたいと言う思いが生まれたのだと思う」と。

 

「最初浮舟に対しては竹馬の友であり最大のライバル薫が囲う女性としての興味半分、又薫への心配が半分だったのが宮中での窮屈さや次期東宮候補にされてしまった事等・自分ではどうにも出来ない事に取り巻かれた状況が浮舟の運命と重なって…この人なら全てを曝け(さらけ)出せ自分の気持ちをわかってくれるのではと思うようになり、惹かれて行ったのだろうなと…」書かれていてなるほど~と思いました。

 

又きりやん(霧矢大夢さん)は薫について「出生の秘密、想いを遂げられずに亡くしてしまった大君の事など・大君との失恋から女性に対して壁を作ってしまい、結果浮舟を追い詰めてしまった薫、匂宮の横槍が入って初めて浮舟自身を見つめようとする…」と。

 

舞台写真の解釈にもありましたが、浮舟から形代の様な姿しか引き出せなかった事を悔いる薫(霧矢さん)は浮舟に許しを請いもう一度やり直す機会を与えて欲しいと切願する。浮舟は漸く薫の本心を知る…と書いてあります。

 

舞台を観劇するのに勉強してから行かなくても~と思っていましたが読んで観れば一層舞台が楽しめるのだろうなとは感じました。

 

Apasionado!!」のショーのことも沢山語られていて面白いですね~!

 

そのほか1月号なのでお正月のポートが載っていましたが麻子さん(瀬奈じゅんさん)の上半身の着物姿カッコイイ!ですね~!ゆうがさん(大和悠河さん)は洋服ですがすごいきらきらで何を着てもかっこいい事!

 

創刊号という事で、現在主演男役さん達の初お正月ポートが載っていましたが、平成14年の麻子さんのポートは最高です!

白いブラウスに皮?のパンツ姿に肩から着物を羽織って…何てカッコいいんでしょう!まだ若かったですね~!このコロのポート取りは時間に余裕があり楽しかった!と書いてありましたが今はあっちでもこっちでも引っ張りだこの麻子さんだから大忙しで大変なんでしょうね!

 

もうすっかり忘れていたこのポートを載せて貰えて嬉しい! 瀬奈さんファンはこれ必見ですよ!

そしてタニちゃんの初々しい事!

これからミニトークも読むことにしま~す。

 

« 「忘れ雪」の初日の映像 | トップページ | 月組を観劇してきました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「歌劇」創刊1000号は:

« 「忘れ雪」の初日の映像 | トップページ | 月組を観劇してきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ